アセンションpro

アセンションは与えられた生命にとっての宿命です。アセンションを進めた先には5次元が開けてきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。












「意識のレベルを上げるには今あるあなた自身の全てから注意をそらし、

一時空間をなにげなく眺めてみましょう。どこにも注意を向けず、何気なく

3次元界(あなたの眼前)を見てみましょう。

 今の殻を脱ぎ捨てる必要があります。

アセンション

細胞の低次意識を自分とあなたは勝手に思っているだけです。

今の意識は細胞レベルの意識。低次意識。

 高次元意識に到達するには細胞レベル意識から離れることです。

日常生活(3次元界)は細胞レベルの活動が殆どですから意識を

切り替えましょう。

今の殻(体)は一時的に地球から借りている姿です。あなたは地球そのもの。

その地球から抜け出る必要もあります。

知的生命は複層的なものです。

 細胞・感情・意識・・・・・・複雑です。

細胞意識レベル・・今日は肉食べたいな・・・

などなど・・・アセンション

これらがごちゃになっているのが今の姿なのかもしれませんね。

さー宇宙へ多次元へ旅立ちましょうか、止めときますか。自由なのです。

アセンションはこの宇宙ができてから常に継続しています。

ただ今回のアセンションは規模が違います。

この世界の状況・惨状を見ていますと、大きな変化を皆望んでいるでしょう。

・・・の予言等常に不安を煽ることがこの世界を覆っていますが振り廻されず

自分を信じて進みましょう。あなたと同じ思いの人は多くいます。

26000年ぶりのアセンションをあなたはどのように迎えているのでしょうか。

これは恐怖で迎えるというものではなく、新しい生命が誕生する時のような宇宙的

な祭典ですね。 皆自ら望んで今ここに居ますただ明確な記憶が無いだけですね。
アセンション




われわれはこのような宇宙の壮大なドラマを体験する時間軸の中で生を受

け、日々を生きている。
しかもこのドラマは、宇宙が誕生して160億年にしてはじめて起きる歴史的

な出来事なのである。

 意識レベルを上げるには自分という小さな殻を徐々に脱ぎ捨てることで

す。アセンション

つまりあなたという個の意識のパーセンテージを下げ、生命全体との一体感の

意識を上げる事が必要です。

いかがですか、これは意識レベルの上昇に大きなステップをもたらすこ

とでしょう。

自然の一部、地球の一部ということで自然と一体となる感をもつことも

いいですね。

自然の美しさを感じることも必要ですね。

 意識レベル=波動=生命周波数・・・の上昇

知識は豊富なほうが良いでしょうけれど、それだけでアセンションでき

るわけではない。

知識ばかりを求めると分離を生みやすい。誤った知識は狂気を生みだす

場合もあります。

分離ではなく宇宙との意識の統合が重要です。廻りへの理解、思いやり

・・・。
アセンション


「波動をあげるための方法」

  ・ プラス思考を心掛けましょう。

  ・ 大自然に感謝しましょう。

  ・ 積極的なことを想いましょう。

  ・ 意識を地球全体・人類全体に向けましょう。

  ・ ゆっくり深い呼吸を心がけましょう。

  ・ 本来の自分は宇宙神と共にいるとイメージしましょう。

  ・ 人は本来神そのもの、神の分身であったということを思い出し

ましょう。

  ・ 自分の遺伝子を目覚めさせるため、本来の姿である「我即神也」

と宣言しましょう。

  ・ ( 差し迫ったアセンションを無事乗り越える為に、「アセンシ

ョンする」という明確

    な意図が必要。)

    (アセンションを果し天変地変から人類を救う方法は、「神様に
対する感謝の心と

    祈り」で、地球の調和を回復すること。)

     ( 休眠状態のDNAを目覚めさせる為に、高次元の意識であ

る本心との一体化

    を宣言することが必要。)

アセンションの基本はシンプルに表現すると我欲を無くし、隣人と仲良く

できるか?

人格・心に歪が無いか、偏屈ではないか・・もしそうなら修正しましょう。

何故歪んでいるのか。原因を知ることが必要です、それから修正。

簡単ではないですけれどね。

他の人のために小さな事でもいいから何かをするよう心がけてみましょう。

きっと環境に大きな変化が出てきます。

残念なことにこの世界の意識レベルは大変低いのは事実です。

毎日事件が絶えることがありません。

この世界で生きることに疑問を皆さんは感じていることでしょう。

嫌な体験もされてきているでしょうか。そのいやな思いを晴らすには逃げ

ないで立ち向かって解決するしかありません。

強い意思も必要です。

2012CVHumanLadder.jpg
これは、宇宙の全ての「人間型種族」の進化の経路を示しています。

その要点は、ここにある10本の「腕(アーム)」において、右上の一番小

さ端部を持つものが第1レベルで、そこから時計方向に進化していって、

左上の一番大きい先端部を持つ段階(第10レベル)に至ります。

この中で、第5レベルまでが肉体を持つ存在(種族)で、第6レベル以上は

肉体を持たない(持つ必要がない)存在です。ちなみに地球人類は宇宙で

最低の「第1レベル」で、いま「第2レベル」へ進化しようとしています。





動画を必要最小限以上掲載しないようサイトを作成しました。

アセンションと次元移行


「知覚と創造の同時性--重要!!」

「次元上昇とはどのようなものか」

「光へ向かう地球と人類」

「この宇宙が多次元」

「最初の肉体的アセンションの徴候」

「つまり、アセンションへの道とは」

「意識を高めるには

ライトワーカーの心得

「古い信念や期待の廃棄」

「936Hz Pineal Gland Activator」

「999 Activational Music」

「魂の波動を上げよう」

「太陽のアセンション瞑想

「脳を修正して多次元マインドへ」

「地球の重み、人類の重み」

「暗闇」も倍増して見える意識変革の時代」

「プレアディアン・ガイアの為の瞑想」

「スターシード☆目覚めの時 STARSEEDS」

「魂の波動を高めよう---アセンションの階梯

「人類の進化は、果てしなく長い旅である。」

光の伝達~脳下垂体の次元調整

「次元上昇とはどのようなものか」

「三つの選択肢」

「プレアデスからのメッセージ」

「次元上昇とはどのようなものか」

「肉体の周波数を上げる」

「地球の意識と周波数に合わせる」

「光へ向かう地球と人類」

「ハイアーセルフとは2」

「アセンションの意図」

「覚醒への兆候」

ワンダラー

「ワンダラー、ウォークイン

「スターシード目覚めの時」

「全てはバイブレーション」

「5次元の世界は・・」

「意識を高めるために」

「アルシオーネの独り言」

「5次元とは・・・」

「悟りを開くには・・」

「アセッションとは何か」

「地球の魂が語る」

「次元上昇した意識で毎日を生きる」

「この宇宙が多次元」

「時間の足跡のストーリー」

「地球はDNAライブラリ」

「前例のない進化」

「WARNING! Extremely Powerful Brainwave Binaural - Mind Control Po」


アセンション本番がスタートして間もないですから焦らずマイペースで進みましょう。
しかし、これを逃すと26000年後の再チャレンジとなり、それは長い時間です。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

【2014/04/20 20:47】 | アセッション
トラックバック(0) |
アセンションは、それを選択した者だけのものです。誰もアセンション
を教えたり強要しません。

すべてのソウルはエネルギー体であり、創造主から分かれて生まれ出た
わけですが、その後、ソウルは、創造主へと戻るために、転生を繰り返し、
経験という学びを続けながら、自らのエネルギー体の振動数を上げていき
ます。
 無徐々に生命というものが派生し、分裂の連鎖が起き現在の宇宙となっています。
宇宙自体無数にあります。1つではありません。
今私達はアセンションを経て無への回帰の途上にあるのです。

次元とは、それぞれ一定の振動数で成るエネルギーレベルのことであり、
それゆえ、次元上昇(アセンション)は、振動数を上げること、だと言われる
のです。

いつ、次の次元へ進むか、即ち、アセンションするかを決めるのは、個々
の魂による選択であり、あなたも既に、「この2012年に訪れたアセンショ
ンの機会に、アセンションするかどうか」に関して、あなたの自由意志で、
選択を済ませています。

2012年に訪れたアセンションの機会、と書きましたが、アセンションは、
個人レベルで、いつでも可能です。外部からの助けがなくても、自力で、
必要なレベルにまで振動数を上げられれば、の話ですが。常人には、非常
な困難を伴うことであり、そのため、それを達成した人が、歴史上、宗教の始
祖となったり、「聖人」と呼ばれているのです。

それは、この2012年は、外部から、アセンションを助けてくれる、アセンシ
ョンを可能にしてくれるだけのエネルギー波がやってくる周期にあたっている
からです。即ち、外部からの助けが、人類・地球を含め、この太陽系のすべ
ての存在に与えられるのです。

銀河中心、セントラルサンから周期的に送り出される光子エネルギーの巨
大な波が今、地球を訪れており、それがピークに達するのが、2012年の12
月21日だと、言われています。太陽や地球、各惑星に起きている気候変動や
すべての異変は、そのエネルギーによるものです。

ですから、2012年には、「聖人のレベル」に匹敵するほどの個人的な努力
をしなくても、外部から、私たちの振動数を物理的に上げてくれるエネルギー
が与えられ、アセンションを補助してくれるのです。それが、「この貴重な機会
を利用して、アセンションしたい」と願うソウルが、大勢、地球に転生してきて、
この機会を待っている理由です。また、「せっかくのこの機会を、利用したらど
うですか。次の機会は、また、何万年も先になりますよ」と、高次の領域から、
多数のメッセージが届いている理由です。


今、この領域に光を取り戻せと命じる創造主の指示に従って、地球と人類の
解放、即ち闇の政府からの独立を手伝うべく、光の勢力なるスペース・ファミリ
ー、スピリチュアル・ファミリーが何重にも地球を取り巻いて、待機しています。
そして、様々な援助の手を差し伸べ、いよいよ直接、闇の勢力排除のために、
地球同盟者との共同作戦という「介入」に踏み込もうとしているところです。

さて、あなたは、今回、アセンションを選択したのでしょうか? していないの
でしょうか? 

今はまだ、自分は、準備が整わないので、アセンションできないと知っている
ソウルは、自由意志で、3次元で転生を繰り返し、3次元で学ばなければならな
いレッスンを学び終えるまで、自分のアセンションを延期する道を選びます。
それはそれで、当たり前の、素晴らしい選択です。

 今回アセンションしない場合は、さらに26000年後のチャンスを待つしかない
ですけれど努力を一切しないのも選択の一つです。

 アセンションを望む者達はこの世界・宇宙の状況に嫌気がさしているのです。
記憶ないでしょうけれどね。もちろん僕もありませんけれど、・・・
 異常ですね。毎日のように戦争・生命殺傷が継続している異常なこの世界。

 

【2012/07/04 23:00】 | アセッション
トラックバック(0) |
― これからの地球時が来たので私(地球)が語ります

 いまあなた方の足元で、これまで誰も体験したことのない変化が始まっています。このを語るのに、私以上にふさわしい者はいないでしょう。なぜなら、この始まりの大波の中心に私がいるからです。

すべて形があるものには意識があります。動植物を始め鉱物にも、それがあります。私は、あなた方の母星で、意識を持つ魂の総体。皆さんの一人ひとりであり、また全員でもあります。

この変化は、宇宙の長大なサイクルの一環として、太陽系全体に及ぶもので、「アセンション」という言葉で代表されます。アセンションは、多次元にわたる広大な宇宙では、決して珍しい出来事ではありません。それは、星とそれに宿る生命たちが、1つの次元での学びを終了して、より高い次元での学びの機会を与えられる、宇宙の贈りものといっていいでしょう。

釈迦やキリストの「昇天(アセンション)」について聞いたことがあると思います。ここでいうアセンションは、それとは違って、星とその住人全体が関係する「グローバル・アセンション」です。

アセンションという贈り物は、無条件で与えられるわけではありません。少なくとも、私を始め関係する個々の魂が、自由意思によってそれを受け取ること、つまりアセンションへの参画を意図することが最小限の条件です。

もう1つ、一定の期限までに、自らの波動のレベルを要求される水準まで高めておくことが必要ですが、これはアセンションへの意図と密接に関係します。そして全般的な心の在り方とも。

波動は単に、からだを構成する物質の振動数(周波数)です。理科の実験や音楽などで、周波数の標準として使う音叉をご存知でしょうか。同じサイズの2つの音叉を空間的に離して、一方を振動させると他方も自然に振動して同じ音を出します。これは、同じ周波数(帯域)のものが共鳴する現象です。波動の合うものだけを受け取るわけです。音も光も波動ですから、もし一方の波動レベルが高すぎると、他方からは相手と共鳴することができない、つまり相手の声が「聞こえない」、姿が「見えない」という事態になります。

私は、アセンションのプロセスにおける決定的なタイミング、つまり「フォトン・ベルト」という高い振動数のエネルギーで満たされた宇宙空間に太陽系全体が浸る時期を見据えて、明白な意図をもって波動レベルを上げる努力をしています。動植物や鉱物界、そしてイルカ・クジラの仲間も、上昇する私の波動に同調する方向に一斉に動いています。

残念なことに人類だけは、今のところ、アセンションを選択し、それを意図している人は多くありません。この状況では、ある時期が来ると波動レベルの違いによって、アセンションを選択しない人から「地球が姿を消す」という事態が起こり得ます。

人類は深い眠りから目覚める時です

人類は、足元の大きい変化にもかかわらず、深い眠りに就いています。恐れをベースとする活発な活動は見られますが、それは夢想や幻覚の世界に浮遊しているようなもので、事実上は眠っています。その結果、今がアセンションの時期であることにも気づかないのです。

この状態は、人類の本来の姿ではなく、地球に人類を創造した当初の青写真とは異なります。人類は、地球に誕生してから数万年経た後に、相次いだ不幸な出来事によって、意識レベルの下降と共に肉体の基本振動数が低落してきたのです。そして人類の行動は、意識の相次ぐ低落によって、ますます不調和で分裂的になってきました。

人類の波動の低落は、地球の支配を意図する宇宙の暗黒勢力に利用されたことも関係しています。私もまた、それらの勢力に利用され、地球が暗黒勢力の「貯蔵タンク」になりました。人類は後からやってきて、それと知らずに堕落へのダンスを演じてきたのです。そして、地球全体のこと、他の種のことを考えずに、もっぱら自己の利益のために地球を利用してきました。



こうして地球は、全般的に「統合」から「分離」の状態に移ってきたのです。しかしアセンションによって、この状況は変わります。私は、創造の波動の回復に努めてきました。いまや、地球に宿るすべての魂が、私と共にアセンションを目指す「地球的統合」の段階に入ったのです。



人類にとっては、長い夜の眠りから目覚める機会です。アセンションとは自由のことです。愛、喜び、豊かさ、そして自由に満ちた5次元世界への上昇です。3次元の思考様式の、虚飾と制限に満ちた在り方から脱却する、かつて無かったチャンスです。今が、あなた方の人生での最も重要な局面です。

新しい地球の原理は「統合」です

いま地球は全体として統合に向かっており、それに伴ってエネルギーの流れが変わってきます。地球のすべての種を含んだ、絡み合うエネルギーの織物ができます。ジグソーパズルのように、それぞれの断片が固有のエネルギーを持って、全体のエネルギーの流れに均等に貢献します。これが統合の概念です。
意識の統合には、暗黒面も評価し統合する必要があります。誰でも、内在する暗黒面が、ひょっこり顔を出すことがあります。例えば、相棒のミスで思ったように事が運ばなかった場合、最初に飛び出す思いは怒りです。その後に、怒ったことへの罪悪感、そして何か訳があるのだろうという推測が続きます。

適当な量のダーク・エネルギーは、有益でさえあります---バランス、安定感、地に足が着く、自信、全体感などの観点から。タペストリーの、表に対する裏の役割のようなものです。こうして、暗黒面を含む、エネルギーの全スペクトルを統合して、あらゆるエネルギーの完全なバランスを保つようにしましょう。体験によって感得していくことが重要です。これは、アセンションのための「作業」の重要な部分です。

「統合原理」は、地球の全生命の絶対的平等を含みます。そして、全体の幸福を最上位に置きます。動物やイルカ・クジラは、地球と共に波動が低落したといっても、統合意識は保ってきました。

「捕食」は現実にありますが、熊と鮭との関係が示すように、種の絶滅につながるようなやり方はしないのです。双方に、生存のための行為という理解があり、お互いの種に対する敬意があります。これが人類との決定的な違いです。人類は、愛情を込めて耕作し、感謝して食べることすら忘れてしまったのです。
しかし人類の中にも、統合ベースの生活をしている民族もいます。保留地などで共同生活を営む、ネイティブ・アメリカン、アボリジニー、ポリネシア人、アフリカ人などです。

アセンションは、人類文化に新たなパラダイムをもたらします。新しい思考様式、生き方、そして社会形態です。

 「選択」と「意図」によって進路が分かれます

現在の人類社会の集合的な運営様式には、老化、衰弱、病気、障害、死などの集合的な観念がベースにあります。この観念を集合的に宇宙に放ち、老化、病気、死などを現実世界へ送り返してもらっています。これを、人類の「集合的無意識」がやっているのです。信じたことが現実化するのが宇宙の摂理です。

それに替わるメッセージとして、「アセンションを意図します」と意識的に宇宙へ送ることを勧めます。この選択によって、意識が統合に向かうだけでなく、高い波動を保持できる肉体に少しずつ変容していきます。統合ベースの肉体は、老、病、戦、死、苦、蓄、貧などのシンボルと無縁になるでしょう。

この選択をしない者に、古くから言われてきた「人類の巨大な苦難」が実際に起こるでしょう。どんな星や惑星でも、アセンションに伴って「浄化」を経験します。ここでいう浄化とは、アセンションを選択しない者、また地球のペースに合わせることを選ばない者は、この地球での存在をやめるということです。これがなぜ起こるかというと、地球の波動域が高くなりすぎて、からだが適応できなくなるためです。



アセンションはすでに、あなた方の母星の全般的な目標となっています。それは、個人的な思惑を超えた、上位の構造です。したがって、地球の進化への選択を無視する者は、当然の成り行きとして、この地球での存在をやめるという選択をしたことになるのです。



宇宙は公平で、意図した通りの結果がもたらされ、意図しない状況は現実化しません。したがって自分の現実は、主体性をもって自分で決めていく必要があります。個人の意思が伴わないかぎり、誰もアセンションをやってあげることはできないのです。

【2012/07/01 18:11】 | アセッション
トラックバック(0) |
地球の意識と周波数に合わせるために
あなたの身体の中心軸、例えば、1本の背骨が中心軸であるとします。
これが、あなたの光のパイプであり、光の柱であるとします。
光のパイプでありますので、中は空洞になっており、上は天上界や多くの高次元領域、下は地球内部世界「アガルタ」へ、それぞれを繋ぐことの出来る、光のネットワークとしてのパイプです。

このイメージ・トレーニングに慣れるために、あなたは、静かな空間に身を置いて、目を閉じて、数回深呼吸をすることでリラックスさせ、黙想するといいでしょう。
あなたのイメージの中で、あなたは地球の上に立っているか、もしくは、座っています。
地球と、あなたとを思い浮かべます。

あなた自身を真正面・左側面・右側面・後方・上方・下方から
観てみます。

どの方向から、あなたと地球を観たとしても、地球と確かに繋がっていることを確認します。
これらの状態を確認したことにより、もはや、あなたは地球と完全に繋がっており、離れてしまうことは決してありません。

この状態で、あなたは、あなたの中心軸となる光のパイプから、地球の中心部へ、右回り(時計周り)で、螺旋状(スパイラル)、ずっと下がってゆきます。
その状態を、立体的に、上から下へ降りていくように観ます。
それは、小さな胃カメラが、あなたの口から食道を通り、
どんどんと下へ降りていくのを、モニター画面で確認するように、はっきりとわかります。

このとき、あなたは、地球の中心部に向かって、光のシャワーを、下へ送ることも出来ます。
あなたの愛する気持ちからなる優しさと思いやりのある光の想念を、地球に送ることも出来ます。
このようにして、あなたが、地球の意識と周波数に合わさりますと、
地球の振動波を、あなたの身体でもろに体感するようになります。

【2012/06/26 22:14】 | アセッション
トラックバック(0) |
~ 愛の3極化 ~次の進化

今回のメッセージはいろいろなことがからみ合っています。
基本は愛です。
地球上のことは、存続するために何かしら不完全だと言います。
故郷の愛は完璧で無条件だと言います。
良い悪いはありません。
二極性ではほとんどが条件付きの愛ですが、これからトライアリティ(3極性)に向かう中、愛は無条件に変わります。

彼らの提案は、人間関係でできる限り無条件に愛すると益々関係が発展していくと言っています。

チャネリングの途中で、この会場がある存在たちでいっぱいになると言いました。
2,3分後、この会場に通じる正面玄関の入り口のドアが突然開いて、皆、息を呑みました。
ザ・グループが「だから彼らが来ると言ったでしょう」とつぶやいた時は笑いをこらえました。
この存在たちは私たちが地球にやって来れるように脇に寄って通してくれた存在たちだったのです。
彼らは私たちを励まし、応援するためにやって来ました。
故郷の愛を捧げにやってきたのです。
この会場の愛は完全に無条件の美しい愛でいっぱいになりました。
それを今感じてください。
その愛を持って行ってください。
笑顔で人に渡してください。
皆さんは一人ぼっちではありません。本当に愛されています。

素晴らしい月を! 大きく抱擁しそっと後押しします
故郷からのご挨拶

魂の道

私たちが「故郷からご挨拶します」という言葉を言うと、エネルギーがベールを越えます。
私たちが話し始める時には、この素晴らしい愛を送り、皆さんはその愛を感じる、そう思っていますね。
皆さん、それは自分の中にあるものなのです。
皆さんは反射鏡なのです。
私たちは皆さんの素晴らしさと本当の姿を思い出す手助けをする者です。
でも、それが問題ですね。
皆さんがベールを考えだし、自分の歴史だけでなく過去生、本当の起源、何者で、どこから来たのかさえも思い出せなくしたのです。

何度もお話してきました。
事実、皆さんは王の息子であり娘なのです。
皆さんは、ロイヤル・ファミリーの一員なのです。
故郷のスピリットをアンカーするためにここにいるのです。
この仕事は皆さんが要望したのですが、信じられないほど素晴らしい役目です。

故郷の一番の願いを持ってきて地球を変えようとしています。
何度も地球に故郷のエネルギーを持っていようとします。
そして、非常にうまくいく時があります。
その時は、ハートのエネルギーを使ってしています。
でも、それ以外の時は同じようには行きません。
地球を繋ぐインターフェースとベールのせいですが、それも皆さんがここで経験するために自分で作ったのです。

「じゃあ、ベールをどけようか。
薄くなっているし、ベールを取り外してそれなしでゲームをやろう、自分を完全に思い出してやろう」。
そう思う人が大勢います。
面白いですね。
問題はベールをどかした途端、もうゲームはないのです。
もう故郷に帰っているのです。
ベールがないと地球にいる目的がありません。
でも、自分を思い出すためにここいるのです。

経験を通して学ぶためにここにいるのです。
ここでの経験はどうですか?
 「いい経験だけをしようとしてきました」
「地球で素晴らしい経験をしています」、
そう話す人がいます。
しかし、皆さんはいろいろな種類の経験を幅広くするためにここにいるのです。
驚くような経験もあり、ありきたりのつまらない経験もあり、心痛む経験、ただ生き残るだけの経験もあります。

そういう経験すべてが魂にとっては極めて価値があるのです。
魂だけでなく、人類全体にとっても価値があるのです。
経験をすることが使命だといってもいいくらいです。
先月、ミスを重ねることについてお話しました。
ミスは、経験と同じことです。
ミスをして自分が誰かを知ります。
本当の強さを知ることができます。

3極化:2極性から抜け出る

今日は、ベールについてもう少しお話しようと思います。
特に向こうとこっちを非常に速く行き来するエネルギーについてお話します。

二極性の場ではポジティブとネガティブのエネルギーがあります。
皆さんは二極性から三極性の場へと進もうとしています。

三極性では良い悪い、正しい間違い、上下、愛恐怖といった偏りはありません。
これからもっと選択の幅があるでしょう。
もっと大きな視点で見始めていきます。
考え方も非常にシンプルになります。
線上のこっちと向こうの両端がポジティブとネガティブがあるとします。

トライアリティ(三極性)になると、ハイヤーセルフと新しい繋がりができます。
ただ線を感じるだけなのです。
見方が変わってハイヤーセルフと強く繋がると、また違う視野が広がります。
このことが、今全人類に起きていることです。
スピリチュアルな人に限ってのことではありません。
誰もが二極性の限界を越えて新しい視点から見られるようになります。
私たちはそれを3極化と呼びます。

今日、またお話したいことがあります。
例に上げると、こっちの天国、あっちの地球という言い方をします。
皆さんが天国は “上” と言っているのは本当に面白ですね。

地球のエネルギーを初めて感じた乳児の頃に関係しています。
大体の人は、上から世話をされました。
両親は上からあなたを抱きかかえ愛してくれました。
だから、愛着を求める時に、天国は上にあると思うのです。
それはとても面白いことです。皆さんのそういうところで楽しませてもらっています。
極性の世界に住んでいるので、地獄は下にあるという発明までしました。
その反対が天国です。
私たちはそんな事は考えたことがありませんよ。
本当に想像力たくましいですね! 
だから、皆さんがこのゲームをどう変えていくのか本当に面白いのです。ここが故郷、あっちが地球。

こっちの線上にあるものは完璧で一つです。
一方、あっちの線上にあるものは何かしら不完全です。
このいい例は、音楽です。
音楽は常時故郷にいる時のエネルギーを描写したものです。
間違いなく、故郷に帰った時は、本当に音楽を聞きます。
これから音楽について新しいことを経験をするでしょう。
スピリットにそれが染みこんでいくでしょう。
あらゆる種類の音楽もまたそうです。ええ、故郷のラップも楽しめますよ。
それも故郷を表すものです。
地球にいるためには、不完全であることが必要です。
半音階ですら、完全ではありません。
半音階の音を一つ一つ完璧に出すと、人の耳に心地よく聞こえません。
耳は不完全なのです。
不完全であるためには微妙に違っていなければいけないのです。
そうやって美しく表現できるのです。この件についてお話しましょう。


愛の3極化

では、愛についてお話しましょう。
誰もが愛で成長します。
愛で育まれます。
それが完全な故郷の愛です。
しかし地球で愛を経験するためには、愛はベールを越えると少し不完全になります。
私たちがこう説明するのは簡単です。
故郷では無条件の愛だけが存在します。
ほとんど、条件付きの愛は、皆さんの好きな味わいです。

今、否定的に聞こえた人は、殆ど私たちが皆さんを決めつけて、自分が何か間違っているかのように受け取りましたね。
でもそうではありません。
皆さんは愛に取り組む途中にいます。
その道は平らでシンプルな道です。
今、愛に取り組み、やがて完全なものに進化させていきます。
人間を装うスピリットして自分を完全にしていくと、また完全な愛へと進化させます。
この無条件の愛について例を上げてお話しましょう。

結婚する時は誓いを立てますね。
その誓いは実際は条件付きの愛を言ったものです。
「~の時はあなたを愛し」、「もし~ならあなたを愛します」と。間違っているわけではありません。
でも、進化すると、条件付きの愛をもっと無条件の愛に近づけることができます。
そうやって、やがて長い間固執してきた多くの条件を手放していきます。
本当の自分に進化していきます。
地球にあるものではなく、故郷にあるものをもっと創り出します。
愛は、今後の皆さんの課題です。
進化していることのもう一つは、肉体に生じていることです。
新しい時代に入り、肉体が進化することに気づいていきます。
2222年に肉体の進化が一段落するまで相当の期間がかかります。
そのことをお話した時、多くの人が「自分はその時にはいないよ!」と思いました。
でも、お望みならいるかも知れません。
年齢も今、手放そうとしている条件の一つなのです。

未来に手を伸ばす

どのくらい生きるかということについて信じていることがあります。
実際にその信念が寿命を決めます。
皆さんはゲームを生きているのです。

自分の物語を生きており、今のところそのストーリーでは、100歳くらいまでは生きるとなっています。
このストーリーが変わり始めていますが、気づきません。
しかし、集合意識で変わります。
肉体が変わる前に、150歳の寿命があるとイメージし始めてください。
そのくらい余命があったら何をしますか?
 それが目指す地点だとしたら、生きる目的は何になりますか? 
その場合、ここに来てすることをどのように描きますか?
 今、そのことを考えてください。多くの人がある年齢になったら引退すると考えています。
それはなぜですか? 
何もしないで、余生を楽しく過ごしたいのですか?

そうなったら死にますよ。
もう何を言っているかお分かりですね。
ここから向こうには線が引いてあると考えるのはいいですが、何もしないで余生を遊ぶとなると、地球からすぐにいなくなります。
なぜなら、その時点でもう終わっているからです。
一旦完了すると、いなくなります。
ここから離れます。
正しい間違いではありません。
間違ったことをしたからそうなる、というのではありません。
ただ、することが終わった、ということに過ぎません。
このようにいろいろなことが変わろうとしています。無条件の愛について、お話を続けましょう。

2つの脳のバランスを回復する

体には脳が2つあります。
大脳は体の中でも一番エネルギーを消費します。
最近まで体の中で最も重要な器官だと考えられてきました。

しかし、大脳のカロリー摂取量は心臓のそれに比べて低いということが科学界で分かりました。
心臓の磁場は実際にはもっと大きいのです。
心臓はそれ自体、脳を持っています。
地球では、問題の多くが頭とハートが喧嘩した結果生まれました。
頭は「君はそれは出来ないよ。学校に行かなくちゃだめだ。
こっちをしなさい。
勉強しなければいけない、そして、A, B, Cというふうに順序良くやらなくちゃいけない」と教えます。

こうやって皆さんは一方の脳の言うことを一生懸命やります。
そして、いろいろ達成したにも拘わらず不幸なのです。
もう一方の脳(ハート)の言うことは満たされなかったからです。
今、こういうことが全人類に起きています。
皆さんは、ハートの望みを叶えるために、意識的にプランBの契約に進んでいます。
これがどういうものか説明します。
50歳というのは人にとって重要な年齢です。
100歳まで生きるとしたらちょうど中間地点です。
いろいろとくだらないことをすべて経験しています。
では、もう悪戦苦闘したりしないで人生を楽しみながらハートで生きる、そういうことですか?
 皆さん、あなた方は地球にいます。
どうか、心(ハート)に従ってください。
でも、まだ大脳とバランスを取る必要があります。
そこで生きるには、受入れなければいけない責任があります。
お願いしたいことは、この2つの脳の間で苦しむ時にはもっとそこに注意をしていただきたいということです。

では、ここで上下逆さまにしましょう。
地球はここでは故郷を象徴し、故郷は地球を象徴します。
簡単です。
すると、どちらから見習いたいですか?
 学んだのはどちらからですか? 
あるいは、故郷にいる存在たちが皆さんに無条件の愛を送り色々と一緒に働いていますが、それはどっちですか?

 無条件の愛は形を変えていろいろと地球で表現されています。
犬は皆さんの一番の友だちで、特別に無条件の愛をくれます。
犬を蹴飛ばしたり叱りつけたりもできます。ひどい扱いもできます。
でも、犬は戻ってきて尻尾を振ってあなたの顔を舐めます。なぜですか? 
愛はあなたが何をしようと条件付きではない、そのことを教えているのです。
犬の愛を、ただ、愛だけを伝えているのです。
無条件の愛を伝えることによって、純粋な故郷の愛を伝える責任の引き受け方を教えるのです。
では、愛するということは相手を自由にしてよいという意味ですか?
 ええ、そういうこともあります。
無条件に愛するということは、故郷からこの愛のエネルギーを持ってくるという意味なのです。



今は、人間関係では必ずしもそうは行きません。
人間関係の考え方が二極性に偏っているからです。
皆さんは一夫一婦制という関係をこしらえてきました。それは、地球での愛と関係のあり方を気持ちよく表現する方法です。

遅かれ早かれ、その多くが変わっていきます。
皆さんは二極性の中で進化してきましたが、多分、地球では一夫一婦制はいつも好まれる選択肢でしょう。
それについて正しいとか誤りはありませんが、今私たちがお話しているのは、すべて無条件の愛についてです。

どうか、一人ひとりが元々の無条件の愛に特別な味わいをつけて持っているということを頭に入れておいてください。



一日3回受け取る



毎日3回、無条件の愛を伝えるとしたらどうでしょうか?
 レストランであなたを待っている人に愛を伝えてください。
あなたに代わって駐車してくれる人に愛を伝えてください。

廊下ですれ違う人に愛を伝えてください。
私たちは、したり顔で世界がどうのこうのと話をして欲しいと言っているのではありません。

人の心に繊細になって、相手の魂に繋がって相手に無条件の愛を伝えてください。

束の間でもいいのです。

一日3回無条件に愛を伝えてください。
すると、人生がガラリと変わります。
皆さんは、新しいやり方をやろうとしているのです。
今まで知らなかったことを経験しようとしています。



人から受ける愛を認める時には選択肢があります。
それが条件付き愛の一番大きな問題です。
条件付き愛では、沢山の人からもらう愛の扉を閉ざします。

でも、多くの信念や皆さん自身のエネルギーが進化とともに変わっていきます。
また、この愛の問題は、愛情を込めてもう一度考えなおそうとする問題のひとつです。
地球の条件付き愛には美しさがあります。

無条件の愛を知れば知るほど、日常生活や人間関係に益々故郷のエネルギーを持ってきます。

それが、愛、ひとりひとり誰もが育むもの、故郷の無条件の愛です。



私たちは皆さんが誰かを知っています。

皆さんが隠しているものをすべて見てきました。
そしてそういう皆さんを愛しています。理解できないと思います。
皆さんは私たちでもあります。
別れていません。
皆さんはただ、この二極性の土地でやって来て、自分で考案したベールを使って思い出せなくしています。

親愛なる皆さん、ハートは頭より先に夢から覚めようとしています。

何かを決める時にはハートと頭の両方を使わなければなりません。

少なくとも、ハートからくるものを取り入れる必要があります。

でないと、いつまでも歯車は回り続けます。
そういうことを何度も繰り返し見てきました。
目標を達成することはできますが、故郷の愛を受け取れますか? 
これが問題です。
どうか、毎日受け取る練習をしてください。



親愛なる皆さん、
皆さんと毎日一緒にいて、皆さんに触れて導き、私たちの話し聞いてもらいたいのです。
しかし現実は、私たちが教える以上に皆さんはもっと学んでいます。

私たちが話しかけるのは、却って波動を低くしてしまいます。
ベール越しには波動のギャップがあります。
ベールがあるために、番人を通じて行う私たちのメッセージでさえ皆さんが聞く時には何かしら不完全になります。

そういう不完全さを受け止めてください。ただ愛してください! 

不完全なところを手にして、それが自分の味わいなのだということを分かってください。
不完全なところがあると、失敗や間違いだと思いますね。
「いや、そんなことしていないよ。不完全なところなんてないね」と言います。

皆さん、その不完全な所に、あなたの美しさが含まれているのです。



不完全を愛する



人間がダイヤモンドを製作するようになったのは最近のことでした。
今も実験室で作れます。
そのダイヤモンドは工業用で使われるのがほとんどです。

でも、この人工ダイヤを宝飾として使うことを恐れる人がいました。
余りに不安だったので、今では自然のダイヤモンドに傷をつけて、それでこれは偽物ではないと言えるようにしています。

面白いのは、この人の手によるダイヤモンドが市場に出回らないということです。

余りに完全過ぎるのです。
人工ダイヤに傷はありません。
光がガラスのように透過します。
自然のダイヤモンドのようなきらめきがありません。
不完全なところがないからです。
同じことが皆さんにも言えます。
不完全なところが皆さんの美しいところなのです。
でも、その前にそれを何か間違いだ、悪いところだと考えてしまいます。
そういうところも自分の美しさなのです。
認めてください。
それは、ギフトなのです。
不完全さを表現するようにしてください。
地球で獲得した自分の本当の光のバッチとしてしっかり手にしてください。



皆さんが選ぶことです。
例えば、他の人より少しばかり鼻が長いので問題だと思いますね。
鏡を見て、「こんなに鼻が長くなければ言うことないのに」と思います。

自分の肉体を嫌います。
で、鏡を見るといつもどうしたらいいだろうと考えます。

美容外科に行って変えてもらうのもいいでしょうし、誇りに思い、胸を張って歩くのもいいでしょう。
自分自身と鼻に忠実であってください。
で、すぐに他の人があなたのような鼻になりたいと言い出しても驚かないでくださいね。
こういうことが有名な俳優の間で何度も起きてきました。
有名になると、他の俳優たちは有名になった俳優と同じような体にしようとします。
有名になった俳優は自分の体のどこかがおかしいと思いますが、それが自分らしいと考えるのです。



そういう人は、体を通して無条件の愛を伝え、突然全員がそれに共鳴したのです。

皆同じです。

同じだと理解したのです。

私たちが本当に美しいのは、皆さんの不完全さがあるからなのです。

だから、自分の愛から「条件付き」を取り外せば、その時に無条件の愛が分かります。

認めてください。

誇りを持って歩いてください。

皆さんは故郷の光で輝いているのです。

私たちが皆さんに上げた光ではありません。

ハートを自分で開いて自分の中に持ってきたのです。

誇りを持ってください。

他の人の目を見る時は大事なことをしているのです。

相手に故郷の素晴らしい光を印象づけているのです。

意識的にそうしてください。

その一歩一歩を楽しんでください。

1回につきひとつ、新しい地球を創っています。

1回につき、ひとつの真心で新しい地球を創っています。

皆さんは全く新しい環境に入ろうとしています。

肉体と地球はもっと順応し、自立した人間を養っていきます。

皆さんがやっているのです。

本当に皆さんが誇りです。

ベールのない所に手を伸ばしました。

知らない自分になって来ました。

そして、ベールを取り外して本当の自分を見ようとしています。

それをしっかり手に持ってください。

誇りを持ってください。

皆さんは故郷の光から生まれているのです。

そのことを知ってください。

謹んでお願い申しあげます。

お互い、事ある毎に尊敬の念を持って接してください。

お互いに育み合い、何かにつけドアを開けておいてください。

新しい世界を建設しながら、よく演じあってください。

Espavo

The group

【2012/06/22 22:06】 | アセッション
トラックバック(0) |
アセンションpro DHEA 25mg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。