アセンションpro

アセンションは与えられた生命にとっての宿命です。アセンションを進めた先には5次元が開けてきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転しました。

http://blog.livedoor.jp/pharao11/
スポンサーサイト

【2016/03/27 21:02】 | 未分類
トラックバック(0) |



【2014/05/03 07:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
KATURO.png
実に長い間、人類は未来について大いなる希望を心に抱いてきました。皆
さんのお仲間のうち、ほとんどの人においてこの希望は絶えてしまったか
のようですが、それは真実ではありません。

皆さんは何とかこの休眠していた種に命を吹き込みましたが、まったく同
じ種がこの惑星のすべての人の内に眠っています。ですから、この惑星に
いる一人一人、すべての人がその夢を呼び覚ます可能性は等しく潜んでい
ます。
何度もお伝えしたように、皆さんは星と同じ材料でできています。つまり、
皆さんの核の中に、その夢を実現させる建材となるブロックはすべて備わ
っているのです。

皆さんは少数派でしかない、だから夢が現実のものとなる見込みもほとん
どないと思っているかもしれませんが、実際はその反対です。皆さんが周
りを見回しても見えてくるのは戦いや飢餓、死、破壊のシナリオに向かう
ものばかり、それは人類自らの武器によってかもしれませんし、人類の無
知と強欲によるものかもしれませんが、いずれにしてもそれらは皆さんを
真に包みこんでいるもののうち、ほんの小さな一欠片に過ぎません。
アセンション
皆さんには表面しか見えていません。表面には最近できた粉砕の跡や傷、
それに古くからの傷跡がたくさんついています。
ですがその表面の下には、この地球全体に備わるすべての真の価値が存
在します。戦いから生じた傷のその下には強いハートが揺るぎなく鼓動
しているのです。
そのハートは愛と理解に満ちており、いままで力の限り光を受け取って
きましたが、さらなる光を受け取ろうとしています。私達はこの地球に
いる人々のことだけを言っているのではありません。
人以外のここに存在するものすべて、そして皆さんの故郷である母なる
地球のことも含んでのことです。
地球はもう、これまでのように恐怖に駆られて行動するような騙されや
すい人々が繰り広げるドラマのための場所ではありません。
ここは光を復活させるための場所であり、ここで愛が再び発見され、復
活するのを待っています。
アセンション
皆さんがここに初めて来た時、皆さんはそれを携えてきました。それは
内なる宝石であり、皆さんのその身体の中にクリスタリン(水晶質)の
生きた光として収められています。
ところが人類はこの内なる光のソースを懸命に忘れようとしてきました。
さらに、別の存在が自らをより高次なる真実として掲げ、人類の利益よ
り自らの利益を重んじるために、人類にこの内なる光のソースのことを
忘れるようにと教育してきました。

皆さんはそうやって集団レベルでどんどん影の中へと押しやられ、その
内なる光の核には煤や汚れが何層にも積み重なり、覆い隠されてきまし
た。ですが、真実を抑えることも絶滅させることもできなかったのです。
アセンション
だからこそ皆さんはこの日、そこにいるのです。邪魔となる恐怖の堆積
物の大部分を一掃し、これから更に内なる浄化の光による巨大な爆発を
受け取ろうと構えていますね。

キラキラ輝く、内なる皆さんの表面に残っているわずかな埃を洗い流し
てくれる光が到来するのです。
そして内なる皆さんがようやくはっきりと認められるのです。あの内な
る光が誰の目にも明らかに見えるよう、光のもとに完全に姿を表すこと
でしょう。

私達はまた複雑な言葉を使っていますが、言っているのはこういうこと
です: 

人類よ、恐れる必要はありません。
アセンション
この角を曲がると、これまで通りの絶望という古い地下牢へと続くだけ
ではないかと思うようですが、そうではありません。一見したところ、
いわゆる世界のリーダー達はサーベルをガチャガチャと交わし合ってい
るようです。

冷戦と呼ばれていた時期以降、皆さんはこのような光景を見ることはあり
ませんでした。
ですが、たとえそうであっても皆さんが親の罪の報いを受けることはあり
ません。
実際のところ、皆さんは親の光の報いに戻る時です。親とは、初期の地球
にやってきた皆さんの祖先のことです。
人間がまだ想像の産物でしかなかった頃、ほかのすべても想像でしかなか
った頃のことです。いまさら過去にしがみつき、怒りと恐怖に声を荒げる
人々もいますが、膨大な量の愛の光がすでに地球上を洗い流していますか
ら、この大量の愛を覆すことなどできません。
アセンション
彼らが出来る限りを尽くしても、あらゆる行動や言葉を使ってどれだけの
恐怖をかき集めようとも、この光をかき消すことは不可能です。

彼らのパワーは貧弱です。しかも古い武器に頼るしか手立てはありません。

人々がハートの中を見つめ、ずっとそこにあった希望がチラチラと光るの
を見出し、そのような人々が増えてゆけば、彼らの武器はどんどん陳腐な
ものと化してゆくことでしょう。
アセンション

ええ、内からの呼び声をまだ無視しているかのように振舞う人はまだたく
さんいることでしょう。

刻々とメディアが流す情報という名の汚水の中を探し続けても、そのよう
なサインばかりがたくさん目につくことでしょう。しかし、もし他のとこ
ろを見れば、もし皆さん自身の中を見れば、そして皆さんが出会う人々の
ハートの中を見れば、そこに本当の真実が見えるはずです。
アセンション
そこには、すべての人の中にキラキラ輝く光のクリスタルがあります。中
にはあまりにも恐怖でいっぱいになっていて希望を持つ余裕など無さそう
な人でさえ、この小さな光の器を収めるだけのスペースはきちんとあります

。この内なる光がいま地球にある他のすべての光と完全に繋がれる状態にな
れば、愛が外に向かってとてつもなく大きな爆発を起こすことでしょう。

確かに、皆さんの周りにははっきりと影が見えているかもしれませんが、
それはここ短期間で光の割合が飛躍的に急増したためです。ですから、不満
の声が何と言おうと外にいる光から内なる光の種への距離はたいへん短くな
っています。外の光と内の光の距離はとても縮まりましたから、そんな不満
の声も易々と消してしまいます。すべて、皆さんのもたらした結果です。
アセンション
あの内なる光への距離は遠く、達成するのは困難で、こんなことが可能なの
かというほど複雑に入り組んでいた時期に皆さんはこの旅を始めたのですか

ら。ですが、皆さんは最も鬱蒼とした森を抜け、最も高地にある道を抜け、
最も渇いた砂漠を抜け、極寒の凍える平原を抜け、進んできたのです…最後
までね。
そして皆さんは自らの内なる神聖な場所に入り、人類が自ら作り出した内
なる牢獄、人類が決して反対を唱えることのできなかったあの古い判決を
打ち消し、無効にしたのです。そして皆さんが内に入ったことで、皆さんの
お仲間を取り囲んでいた厚い牢獄の壁も少しずつ崩れ始めました。初めは少
しずつ、ですが皆さんがハートの中の炎に火を灯し始めると、すべての人の
中にある古い牢獄の壁もどんどん薄くなっていったのです。皆さんは自らの
希望のソースに到達し、そこに滋養を見出しました。
アセンション
すると今度はその滋養によって、皆さんはどんどん開いてゆき、到来するエ
ネルギーをどんどん受け取ることができるようになりました。それが皆さん
の空の旅の燃料となり、さらには他のすべての人の燃料にもなったのです。

そして皆さんは古い抑制というものすべてから自由になるために必死に努力
し、労苦を重ねてきました。皆さんを縛っていた糸を一本一本解いていたの
は、全人類のためにやっていたことなのです。
これについて、私達からは言葉では言い表せないほど感謝しています。皆さ
んの必死の努力は皆さんのためだけではなく、すべてのためです。ですから
、皆さんの内なる光に向かうこの一人旅のお陰で、この地球にいるすべての
魂は自らの光に近づくことができました。いまや、彼らにとっても光はもう
目の前です。確かに、外から見ると鋼の武装によって内なる光は隔たってい
るように見えます。光のミサイルですぐに貫通させたいところでしょう。
しかし、それもまた古い幻想でしかないのです。
アセンション

もう一度繰り返しますが、皆さんはパイオニアです。ですが、皆さんは誰も
かつて行ったことのない場所に危険を冒して進みながら、全人類の希望と夢
も一緒に運んでいたのです。そして皆さんは実際に光へとどんどん近づきな
がら、すべての希望と夢を現実化へと近づけるという成果も出していたので
す。
いま、皆さんはまさにそのすべてをさらに近づけようとしています。
アセンション
まだ作業はたくさんありますが、覚えておいていただきたいのです。荒野の
中をたった一人で進みながら、これは報われない旅だと思う時もあるかもし
れませんが、実際のところは人類が巨大な一つの波となって明日に向かって
押し進んでいるのです。
アセンション
皆さんは共に並び、どんどん光の中へと突き進んで
います。ですから、疲れきったり、周囲の人に無視されたとしても、皆さん
の大変な作業がすべて不毛な土地にこぼれ落ちてゆくように感じても、そう
ではないのです。

皆さんは日常生活を送っている間もずっと光を取り込み続けています。皆さ
ん自身の中だけではありません、世界中にです。これから、この光は皆さん
の周りにいる人々のボタンをどんどん押し始めることでしょう。そうして到
来する光とその人々の内でまだ休眠している光との隔たりはどんどん小さく
なってゆくのです。こうして、まさか予期もしなかった場所や社会のすべて
のレベルにいる人々のハートの中に光が灯され、光が連なるようにライトア
ップしてゆくのが皆さんにはもう見えているのではないでしょうか。忘れな
いでください、他人の人生を支配するような地位に選ばれ、そのような仕事
に就いている人であろうと、光を永遠に閉ざしたハートを持っていることに
はなりません。皆さんが真実を目にし始めるのは間近です。
翻訳:Rieko

【2014/04/30 18:35】 | アセンション
トラックバック(0) |











「意識のレベルを上げるには今あるあなた自身の全てから注意をそらし、

一時空間をなにげなく眺めてみましょう。どこにも注意を向けず、何気なく

3次元界(あなたの眼前)を見てみましょう。

 今の殻を脱ぎ捨てる必要があります。

アセンション

細胞の低次意識を自分とあなたは勝手に思っているだけです。

今の意識は細胞レベルの意識。低次意識。

 高次元意識に到達するには細胞レベル意識から離れることです。

日常生活(3次元界)は細胞レベルの活動が殆どですから意識を

切り替えましょう。

今の殻(体)は一時的に地球から借りている姿です。あなたは地球そのもの。

その地球から抜け出る必要もあります。

知的生命は複層的なものです。

 細胞・感情・意識・・・・・・複雑です。

細胞意識レベル・・今日は肉食べたいな・・・

などなど・・・アセンション

これらがごちゃになっているのが今の姿なのかもしれませんね。

さー宇宙へ多次元へ旅立ちましょうか、止めときますか。自由なのです。

アセンションはこの宇宙ができてから常に継続しています。

ただ今回のアセンションは規模が違います。

この世界の状況・惨状を見ていますと、大きな変化を皆望んでいるでしょう。

・・・の予言等常に不安を煽ることがこの世界を覆っていますが振り廻されず

自分を信じて進みましょう。あなたと同じ思いの人は多くいます。

26000年ぶりのアセンションをあなたはどのように迎えているのでしょうか。

これは恐怖で迎えるというものではなく、新しい生命が誕生する時のような宇宙的

な祭典ですね。 皆自ら望んで今ここに居ますただ明確な記憶が無いだけですね。
アセンション




われわれはこのような宇宙の壮大なドラマを体験する時間軸の中で生を受

け、日々を生きている。
しかもこのドラマは、宇宙が誕生して160億年にしてはじめて起きる歴史的

な出来事なのである。

 意識レベルを上げるには自分という小さな殻を徐々に脱ぎ捨てることで

す。アセンション

つまりあなたという個の意識のパーセンテージを下げ、生命全体との一体感の

意識を上げる事が必要です。

いかがですか、これは意識レベルの上昇に大きなステップをもたらすこ

とでしょう。

自然の一部、地球の一部ということで自然と一体となる感をもつことも

いいですね。

自然の美しさを感じることも必要ですね。

 意識レベル=波動=生命周波数・・・の上昇

知識は豊富なほうが良いでしょうけれど、それだけでアセンションでき

るわけではない。

知識ばかりを求めると分離を生みやすい。誤った知識は狂気を生みだす

場合もあります。

分離ではなく宇宙との意識の統合が重要です。廻りへの理解、思いやり

・・・。
アセンション


「波動をあげるための方法」

  ・ プラス思考を心掛けましょう。

  ・ 大自然に感謝しましょう。

  ・ 積極的なことを想いましょう。

  ・ 意識を地球全体・人類全体に向けましょう。

  ・ ゆっくり深い呼吸を心がけましょう。

  ・ 本来の自分は宇宙神と共にいるとイメージしましょう。

  ・ 人は本来神そのもの、神の分身であったということを思い出し

ましょう。

  ・ 自分の遺伝子を目覚めさせるため、本来の姿である「我即神也」

と宣言しましょう。

  ・ ( 差し迫ったアセンションを無事乗り越える為に、「アセンシ

ョンする」という明確

    な意図が必要。)

    (アセンションを果し天変地変から人類を救う方法は、「神様に
対する感謝の心と

    祈り」で、地球の調和を回復すること。)

     ( 休眠状態のDNAを目覚めさせる為に、高次元の意識であ

る本心との一体化

    を宣言することが必要。)

アセンションの基本はシンプルに表現すると我欲を無くし、隣人と仲良く

できるか?

人格・心に歪が無いか、偏屈ではないか・・もしそうなら修正しましょう。

何故歪んでいるのか。原因を知ることが必要です、それから修正。

簡単ではないですけれどね。

他の人のために小さな事でもいいから何かをするよう心がけてみましょう。

きっと環境に大きな変化が出てきます。

残念なことにこの世界の意識レベルは大変低いのは事実です。

毎日事件が絶えることがありません。

この世界で生きることに疑問を皆さんは感じていることでしょう。

嫌な体験もされてきているでしょうか。そのいやな思いを晴らすには逃げ

ないで立ち向かって解決するしかありません。

強い意思も必要です。

2012CVHumanLadder.jpg
これは、宇宙の全ての「人間型種族」の進化の経路を示しています。

その要点は、ここにある10本の「腕(アーム)」において、右上の一番小

さ端部を持つものが第1レベルで、そこから時計方向に進化していって、

左上の一番大きい先端部を持つ段階(第10レベル)に至ります。

この中で、第5レベルまでが肉体を持つ存在(種族)で、第6レベル以上は

肉体を持たない(持つ必要がない)存在です。ちなみに地球人類は宇宙で

最低の「第1レベル」で、いま「第2レベル」へ進化しようとしています。





動画を必要最小限以上掲載しないようサイトを作成しました。

アセンションと次元移行


「知覚と創造の同時性--重要!!」

「次元上昇とはどのようなものか」

「光へ向かう地球と人類」

「この宇宙が多次元」

「最初の肉体的アセンションの徴候」

「つまり、アセンションへの道とは」

「意識を高めるには

ライトワーカーの心得

「古い信念や期待の廃棄」

「936Hz Pineal Gland Activator」

「999 Activational Music」

「魂の波動を上げよう」

「太陽のアセンション瞑想

「脳を修正して多次元マインドへ」

「地球の重み、人類の重み」

「暗闇」も倍増して見える意識変革の時代」

「プレアディアン・ガイアの為の瞑想」

「スターシード☆目覚めの時 STARSEEDS」

「魂の波動を高めよう---アセンションの階梯

「人類の進化は、果てしなく長い旅である。」

光の伝達~脳下垂体の次元調整

「次元上昇とはどのようなものか」

「三つの選択肢」

「プレアデスからのメッセージ」

「次元上昇とはどのようなものか」

「肉体の周波数を上げる」

「地球の意識と周波数に合わせる」

「光へ向かう地球と人類」

「ハイアーセルフとは2」

「アセンションの意図」

「覚醒への兆候」

ワンダラー

「ワンダラー、ウォークイン

「スターシード目覚めの時」

「全てはバイブレーション」

「5次元の世界は・・」

「意識を高めるために」

「アルシオーネの独り言」

「5次元とは・・・」

「悟りを開くには・・」

「アセッションとは何か」

「地球の魂が語る」

「次元上昇した意識で毎日を生きる」

「この宇宙が多次元」

「時間の足跡のストーリー」

「地球はDNAライブラリ」

「前例のない進化」

「WARNING! Extremely Powerful Brainwave Binaural - Mind Control Po」


アセンション本番がスタートして間もないですから焦らずマイペースで進みましょう。
しかし、これを逃すと26000年後の再チャレンジとなり、それは長い時間です。



人気ブログランキングへ

【2014/04/20 20:47】 | アセッション
トラックバック(0) |

http://lightworkers.org/channeling/198876/sirian-archangel-hermes-41214
Sirian Archangel Hermes 4/12/14
12 April 2014 – 11:41pm | Czar
Channeler: Sirian Archangel Hermes
こんにち は仲間の光の者たちよ!今私は、準備が出来た者について、魚座
の時代という大きいサイクルの終了に関する重要なメッセージを伝えに来
ています。
多くの者 にとって、この時代は既に終わっています。この者たちは魚座の
時代のレッスンと絆から自分たちを解放しています。
ある者はしかし、未 だにこの時代に足をとられ、線形の時間のマトリック
スの中に捕らわれています。
このスピリチュアルな進歩の遅滞はこの惑星のグリッド と意識の現実化を
滞らせています。ライトワーカーは懸命に働き、ミッションに携わり続け
ているので、真実を求めている他の者たちが利 用できる情報を大幅に増す、
と言う結果に至りましたが、私はあなた方全てに線形の時間にも循環的な
時間にも始まりと終わりがあること に留意してほしいと思います。各時代
の終わりには、人は新しい時代に移行するか、あるいは同じ時代の初めに
戻るかいずれかです。

この 世界の大多数の住民にとっては、線形の時間のマトリックスが標準に
なっているので、目的に気付かないままでこのようになることがしば しば
起こります。
三次元の時間の固定によって、自分たちの可能性や能力に気が付かないで
スピリチュアルな眠りの状態のままで歩き回っ ている天使や神がいます。
時代の変化についての観察や認識を示している主流メディアも外部ソース
も無く、あなた方だけがこれを知って いて、あなた方だけがそれを感じ、
あなた方だけがそれに気付いている他者を見付けられるのです。

あなた方 の惑星は地震の不安を抱えながら成長を続けていますが、これ
は毎日益々明らかになって来つつあります。
これがガイアがあなた方と人間 的なレベルで通信をする方法であり、ガ
イアはあなた方の惑星の人間としての形なのです。
ガイアは新しい種族の偉大な誕生の痛み、新し いパラダイム、新しい時
代を予告しているのです。
あなた方の惑星の上の全ての地震活動が”自然”の動きではないことを知
って下さい。
闇のカバールはライトワーカーと同じようにそのミッションを続けていま
すがあなた方は彼らに他の者たちから離れるように、と告げるこ とが出
来るでしょう。
自分の力を信じ、第三の目でカバールがあなた方を騙している膜の向こう
側を透視してください。
天と地上 に印が見られるでしょう。これが、今あなた方の線形の時間の
タイムラインで起きている事についての正確な比喩なのです。強烈な月食
が 近づいています。
これは全てのタイムラインにおけるシフトを記すものです。月は、引き潮
と潮の流れを導くように、タイムピースとして も利用可能です。占星術を
学んだ熟達者なら、過去の同じような月食、線形の過去のこのような時代
の文化やイベントと比較してこれから 起きることを知ることが出来るでし
ょう。
このような人達はそのうちのあるものではなく、全ての食が希なイベント
であり、全ての食のイ ベントの間には、僅かな差から大きい差まで様々で
あることを知っています。
多くの強力な星の並びが起き、大きいエネルギーがもたらさ れるので、こ
れから起きるイベントも例外ではありません。

以前の メッセージでお伝えしたように、予言が行われ、世の中に知られる
ようになるでしょう。誤った予言も有り、同じ事について言っています が
、これも偽りのない真実、確実にしてこの上なく真 正なことです。
あなた方のスピリチュアルな、内な る洞察が極度に大切です。真の正しい
予言は、あなた方が感じなければならず、知らねばならず、感じなければ
ならず、そして最も大切な 事は注意しなければなりません。
誤った予言についてもあなた方は知ることができるので、それ自身の嘘に
埋もれさせて下さい。
真の予言 がそのまま残る唯一のものであることになるまでは時間は長くは
かからないでしょう。
これから起きる食については、このメッセージを含 めて非常に多くの予言
が見られます。第三の目であなた方の二つの目で見られることの向こう側
を見て下さい!

多くの者 にとってはこの食は、時代の変化の現実化を”確認”する役に立
つでしょう。
既に多くの印が見られますし、多くの者は必要な確認として それらを認識
出来ていますので、すでに超越しています。他の者たちはこの食が過ぎた
後でも依然として三次元の時間の中に閉じこめられ たままでいることでし
ょう。しかし、残っている三次元のタイムラインは僅かであり、進化と超
越に取り残された者に対する線形の時間は 急速に消滅することを知って下
さい。
この者たちはそれとは知らないまま、最終的に準備が出来るまで、時代の
初めに戻り、あるいは別の 時代に移るでしょう。
これは今の時代の神秘、及び驚異ですが、それぞれの者にとって内部的に
異なり、多くの者は既に三次元的な、秒、 分、時間、日、週、月、年、
十年、世紀などのフォーマットの絶対的な時の感覚の中へと罠にはまって
います。
非常に多くの者に対するこ の時間についての絶対的な教育がこの惑星の
意識形態の支配的様相になっているので、世界中の大多数の人達の暮らし
を支配し続けていま す。
これを変化させる必要があるあらゆることは、大多数の者の新しい時間の
概念への移行であり、その時点で急速な変化が世界中に起き 始めます。

イベントの周波数、驚異、及び厳しさが上昇し続け ているので、今この
始まりが目撃され始めています。
あなた方は、肉体的、及び個々のレベルを越えて、心理的、及び惑星的な
レベルへと入る という時代について予言されていることの頂点に近づい
ています。非常に長い間の線形の時間におけるこの惑星の上での最大の一
連のイベント が起きようとしているのですから、あらゆる面で十分な備
えをして下さい。
Taki
無限の愛 の中で、この点についてあなた方に期待をしています。
光の中で祝福を!
翻訳 Taki

【2014/04/14 21:49】 | ヘルメス
トラックバック(0) |
soto.png
“幸せは自分の外に見つける事はできません、それは自分の中で創造する
ものだからです”
February 21, 2014 by
angelicguides
http://www.angelic-guides.com/2014/02/21/happiness-cannot-be-found-outside-of-you-it-can-only-be-created-from-within/
本日は”幸せ”という話題について話していきたいと思います。どうやら
掴みどころ のない”幸せ”というものを追いかけながら失望している方が
多く見受けられます。
多くの方が何故常に幸せでいる事ができず、一瞬の幸せしか掴めないのか、
今からその理由をお話させて頂きます。
人というのは幸せを維持する事よりも、常に幸せを追求する傾向にあるよ
うです。それでは、幸せな状態を維持する事自 体は可能なのでしょうか?
もちろんそれは可能です。
では、まず始めに幸せというものが達成するものではなく、常に維持出来
るというのがどういう事かについ て私たちの考えをシェアさせて頂きた
いと思います。

ハッキリと断言します、あなたを幸せにできるものは何もありません。
それよりまず あなたの中に既に存在している幸せを見つける事です、そ
うする事で初めてあなたの求める幸せは見つかります。
多くの方は何かゴールを達成した時、何か特定 の物を得た時、完璧なパー
トナーを見つけた時…その時こそ真の幸せがやってくると思っているよう
です、しかしそうではありません。

何故なら、あなたの現実 というのはあなた自身が発する感情やバイブレー
ションを映す鏡でしかないからです。
それはあたかも鏡に若くて輝いた自分が映るのを期待して、その姿が映ら
ない限り求めている若さと輝きを感じられないのと同じです。鏡に映る自
分は、自分自身が変わらない限り変わりません。

この例えはあなたにとって滑稽に思えるかもしれませんが、人が自分の外
に幸せを求 めると実際このようになりがちなのです。
覚えておいてください、あなたと同調する現実のみがあなたの現実にやっ
て来ます。
あなたが既に内に抱いていないも のは、どんな物質も他の人でさえもあ
なたに与える事は出来ないのです。
多くの方が常に物質的な豊かさを求め、それで幸せや喜び、心の平穏が付
いてくると期 待しているようですが、そうではありません。では、逆に
何故、贈り物をもらった時、新しい何かを買った時、素敵な新しい人に出
会った時は幸福感が溢れてく るのでしょうか?何故ならあなたの脳がそれ
によって幸せがもたらされると信じ込んでいるからです
;ただその”新鮮味”が薄れた時の空虚な気持ちに
すぐ気が付いてしまいますが…。
幸せというのは探す事は出来ません、それは創造するものだからです。

人は豊かさの欠如が不幸をもたらしていると言いますが、それに対して私
たちはこう言います…いえ違います、あなたの不幸感が豊かさの欠如をも
たらしていると。

私たちが豊かさと言う時、それは物質的な豊かさのみを指しているのでは
ありませ ん。物質は豊かさの一つの側面でしかありませんから。豊かさと
いうのは、健康、財力、友情、愛情、問題、怖れにも該当します。私たち
が皆さんに保証出来る 事は、あなたは常に何かしらに関して豊かであると
いう事です。

あなたが平穏を求めているのであれば、まず自分の中にそれを捜しなさい。
そこで初 めて、平穏に対するあなたの感覚を上昇させるような様々な経験
が引き寄せられます。
あなたが幸せを求めるのであれば、その幸せはあなたの中から見つけ出さ
なければなりません。
あなたが何かを達成する度、買い物をする度に得られる感情は一瞬のもの
です、長くは続きません。何故長続きしないか?何故ならエゴは もっと欲
しがるから;エゴは常にもっと欲する事でそのモチベーションを保ち続け
ています。

どうか忘れないでください、今この瞬間にあなたの求める平穏と喜 びは見
つけられます。
分かりますか、あなたの抱く一つ一つの感情というのはあなたの選択次第
なのです。 では、何でわざわざ悲しくなったり、怒ったりするのか?
とお思いですね。その答えは…こちらが教えて欲しいくらいです。あなたは
状況に応じて自分の信念 や、自分の期待に基づいて反応します。あなたの
抱く期待とは、ある状況に対する今までの自分の感情パターンや予測パター
ンと本質的に繋がっているもので す。
あなた自身以外の何者もあなたから幸せや喜び、内なる平穏を奪う事はでき
ません。
私たちには分かります、誰も敢えて意識的にネガティブな気持ちを持ちたい
などと 思ってはいない事を。むしろ今までの信念や、期待と照らし合わされ
て、そこからネガティブな感情が湧いてきてしまうのです。
多くの方は平穏や幸せを未来に 期待しているようです”いついつ私は幸せに
なる”、”こうこうこうなれば平穏な気持ちになれる”。
しかし、未来は”今”のあなたの選択によるのです。今 やっている事を変え
ずに、あなたが既に持っているものとは違う別の何かをどうやって創造すると
いうのですか?今この瞬間にある喜びと平穏を維持してくださ い、そうする
事であなたの喜ぶような状況がもっともっと惹き付けられてきます。
あなたが恐れや心配、懸念事に意識を集中させると…それがもっともっと
やってきます。
幸せでいる事を選択するというのはあなたの意識的な選択です。それは、現実
がどの ような状況であったとしても誰もが出来る選択です。
今ある現実は今まで自分が持っていた信念や思いから来ています。
今この瞬間からあなたが創造する現実と いうのは、今の思いや選択から創ら
れるものです。今この瞬間にもあなたの思考を変え、すなわちバイブレーショ
ンを変える事が出来ます。
そうすると、あなた の現実はシフトします。それは必須です、何故なら現実
はあなたと同調するしかないから。

多くの人が求める捉えどころの無い心の平穏というのは、常に自分の中にあっ
たの に、人はそこ以外を全部探しながら奥底に感じる空虚感を何かで埋めよ
うとします。私たちは皆さんに再認識してもらうために今ここにいます…平穏
は自分の外 にはありません。
平穏、幸せ、喜びは自分の中からやってくるものです。
平穏な状態というのをキープできない人などいません、全ての人が今すぐこの
瞬間の喜 びを選択する事が出来ます。
今以外の時間などありません。未来というのは直線的な時間という信念の中で
創られ、生かされている”幻想”です。常にあるのは 今というこの瞬間だけ
なのです。
全ての人が差し迫った明日に対して感じているストレス、心配事、過去を後悔
する事を手放し、今この瞬間を評価し始めれば、今この瞬間に自分が何を感じ
ているかがちゃんと分かるようになります。

あなたは今この瞬間満たされていますか?空気、家、水などこの瞬間に身体に
必要なものは足りていますか?

もしあなたがこの瞬間に対して不満があるとしたら…お金、人、友情、物質な
どがそれを補えるかもしれません。
しかし、これだけは言えます…あなたがこの瞬間にご自分の周波数を変える事
が出来たら、あなたは自分の求めるものを得ます。

自分の外に幸せ、喜びや平穏を創造しようとする事は、順序を逆に創造しよう
とする 事と同じです。平穏や喜びを未来に期待するという事はいわゆる人参を
常に鼻面にぶら下げたまま永遠に届かない状態と同じです。
何故幸せは指の隙間をすり抜 けるように去ってしまうのか、それはあなたの身
の回りの状況がそうさせているのではありません。
そうではなくて、あなたがそれを創造しようとせず求めてば かりいるからです。
どうか時間をしばし取って、私たちが今言った事をよく理解してみてください、
これはあなたの望む幸せや平穏を永遠に保つための鍵となり ます。
私たちの話が、何かしらの形で皆さんのお役に立てたとしたら幸いです。
愛と光の中から、私たちは皆さんのエンジェリック・ガイドです。

【2014/04/11 20:02】 | アセンション
トラックバック(0) |

本日は”手放す”という事についてお話しをしていきたいと思います。皆
さんお一人お一人が壮大な解放、浄化、手放すという過程をくぐり抜けて
きた事かと思います。
その経験は十人十色で、肉体的な問題、物質・職業・家・愛する人の喪失
等・・・という形でそれは現れたはずです。
今年の3月は多くの方に取って大変な月だったかもしれませんが、皆さんは
思っているよりも多くを成し遂げました。
今日はこの点に言及していきたいと考えます。
全員が全員、肉体的な症状を通して壮大な解放をしたわけでは無いですが、
かなり多くの方がそのような形で経験したと言えるでしょう。それは何故か
を説明させてください。
3月という月は通常、強力な浄化や、処分、手放しを手助けしてくれますが、
今年の3月も例外ではありませんでした。
それは身体を通した肉体的な形であったり、もう自分にとって必要のなく
なった物質、人、ペット、豊かさなどを手放す事を通して現れました。
手放すという行為を通した学びは人間にとって大変辛いものですが、人間
にとって必要な事です。
何故大変かというと、人間は手放した先にその埋め合わせとなる素晴らし
い何かがやって来るという事を知らないまま、手放す事を余儀なくされる
からです。
私たちがいつも言うように、物事の本質は一見して見たところと違うとこ
ろにある、という事がよくあるのです。

あなたが失ったように思えるもの、物、人、仕事、家、車、友人等々・・
・に取って代わるはるかに素晴らしいものがあなたの元にやってくる事を
保証しましょう。
人間というのは自分の現実の中に存在するものに執着し、それを失えば自
分には何も残らない、もしくは更に酷い現実がやってくるかもしれないと
いう恐怖に陥りがちです。
それが実際もう自分には必要ないものだとしても失う痛みが怖くて中々手
放せません。
そういった皆さんの気持ちに対して、私たちは微笑みます。あなたの恐怖
や、失う痛みに対してではないですよ。ただあなたが許可しない限り誰も
あなたから何かを奪う事は出来ないという事をあなたはお忘れだからです。
もちろん、あなたのハイヤーセルフもよく分かっているので、断然に素晴
らしいものが次に控えていない限り、あなたに何かを手放すように促す事
は有り得ません。

あなたは、常に何か変化を、人間関係に変化を、豊かさに関する変化を、
住む場所に関する変化を祈っている割には、実際にその機会が訪れると
パニックになりますね。何か新しいものを迎え入れる為の空間を作るに
は、まず古いものを手放さなくてはなりません。
あなたにとっての馴染み深い現実が現実から取り払われた際には、是非
歓喜して下さい。それはあなたが全てを失ったから喜ぶのではなく、そ
れ以上の素晴らしい何かが諸々とやってくるという事だからです。

ここ数週間の中であなたが失ったかのように感じられた体験は、新しい
始まりの合図です。
もう既に何度も言ってきた事ですが、今年はあなたの信じる気持ちが試
されます。自分自身を信じる事、自分の内なる力を信じる事をです。
これは皆さんにとって大いなるチャレンジになりますが、その先には素
晴らしいご褒美が待っています。
3月は解放を助けますが、あなたはその通りにたくさんのものを解放して
きました。何だか現時点ではそれがマイナスのように感じるかもしれま
せんが、エネルギー的にはあなたは山々を動かしたと同じくらいの事を
したのです。
あなたは自分をブロックするもの、“自分には出来ない”という制限さ
れた考え方、障害等を見事に押しのけ、それを難なく通過できる程まで
に強くなりました。
幾度の人生を通して持ち続けていた固定観念を、庭の雑草のように見事
に引っこ抜いたのです。

もう4月に入りましたが、いよいよ新しい種を植える時期が来ました。
何を植えたいかは慎重に選ばれる事を進言させていただきます。何故
なら、これまでの年とは違って今回の収穫はより強力で壮大なものと
なるからです。あなたがご自分の望みを植えたとしたら、あなたはそ
の夢が実るのを目撃します。
どうやったらこの夢が叶うかなんて想像も付かないと言って、疑いの
気持ちを持つ事は夢の実現を邪魔します。前も言いましたが、物事は
見た目通りとは違うのですから。

ですから、どうか賢く種を選んで植えてください。あと数ヶ月後には
収穫できます。
夢は大きく持って、恐れは手放すように。あなたがこれから行く先に
“怖れ”は必要無い事を私たちが保証します。
このメッセージが何かしらのお役に立てたとしたら幸いです。
愛と光を持って
私たちはあなたのエンジェリック・ガイドです。

訳:JUN

【2014/04/10 21:56】 | アセンション
トラックバック(0) |
低アストラルの浄化
ジェイソン:
ガイアの3Dマトリックスの前に立つとマトリックスの壊れた部分が見え、
僕の中に奥深い怒りが吹き出してきた。その怒りは僕の周波数を落としてし
まうのはわかっていた。
だが抑えられない。人間は大切なガイアを何故こんなにまで傷つけるのだ
ろう? この星が苦しんでいるのが彼らにはわからないのか?

すると突然、僕は巨大な飛行機を操縦していた。恐ろしいことに、それは世
界第二次大戦で、僕は爆撃機のパイロットだった。
ドレスデンの街の空襲の指揮をとっていた。爆撃機のパイロットの方の僕
は、自分の世界をこうして守っていると信じていた。
だが、ジェイソンという高次の視点からは、実際には世界を破壊している
と思っていた。
「やめろ! 」僕は叫んだが、戦闘は猛威を振るった。眼下には恐怖に逃げ
回っている人々がいるのがパイロットの僕にはわかっていた。だが気にも
しなかった。
僕は復讐心で一杯になっていて、罪のない一般市民だろうとドイツ人は片
っ端から死ねばいい、そう思っていた。さらにひどいことに、僕のジェイ
ソンの部分も戦闘に引き込まれてゆくのがわかった。小さな、平和な町に
爆弾を次々と落としていると身体中をアドレナリンが駆け巡るのさえ感じ
た。
遠くに僕がいて、サンディが腕を引っ張って僕の気を取り戻させようとし
ている。
だが僕はどんどんその幻想に一体化していった。心地良い、何てことだ、
殺人が心地良いのだ。その感覚の恐ろしさのせいで僕は墜落していった。
地上に落ちると、戦場は世界第一次大戦に変わっていた。僕は地面を這
って塹壕に避難しようとしていた。

しかしイペリット(毒ガス)の爆風が地上を覆い尽くした。僕は咳が止
まらなくなり、自分がここにいる事が知られてしまった。

誰かが追ってくる。誰かは見えないが、手に銃を持っている。制服を見
ようとしたが毒ガスのために目を殆ど開くことができない。
それで僕は銃を撃ち、彼を殺した。死体が僕の方へと倒れて来た時に、
僕と同じ制服を着ているのがわかった。
さらにひどいことに、彼は僕の一番の親友だったのだ。
「あぁぁ!」僕は叫び、抑えられずに嗚咽し泣いた。サンディがジェイ
ソンの部分の僕を慰めているのがわかった。
マイトリアンがこう言っていた。「それはただの幻想です。上昇の道を
先に進むためには幻想を手放さねばなりませんよ。」

幻想、上昇の道、そんなものはどうでもよかった。感じられたのは友人
を殺したという恐ろしさ、それだけだ。どれだけの間、深い罪悪感、悲
しみ、怒り味わっていたかはわからない。
ついには、体内のその感情が尽きた。徐々に、サンディが僕を抱いてい
る感覚がわかり始め、マイトリアンの声が僕の気づきの中にあらわれた。
「罪悪感、悲しみ、怒り、すべて恐怖の構成要素です。過去の恐怖を手
放せば、闇は憎むべき敵ではなく、傷ついた友人だとわかりますよ。」

僕の過去の恐怖は罪悪感と怒りの中に潜んでいたが、その恐怖を手放す
と、自分はポータルを通って低アストラルプレーンへ落ちていたことが
わかった。
そう気づくと、いかにして人は3D幻想の闇の中に迷い込み、壊れた3
Dマトリックスへと落ちて行くのかが理解できた。
こうして彼らは低アストラル・プレーン、つまり「地獄」に落ちて行く
のだろう。
サンディと僕は立ちあがり、戦場の幻の中へ歩いて行った。そして皆に
言った。「この戦いは全部、幻想だ。皆、これ以上ここにいる必要はな
いんだ。上空の天使達を見上げてごらん。」 
そう言って、僕達の上空にいる天使達の方を指差した。迷い込んでいた
人達の中には、見上げて天使達を見ることができた人もいた。
他の人々も戦いを止めて僕達の話を聞こうとしたが、聞こえなかった。
中には幻想と一体化していて僕達の声は聞こえず、姿も見えていなかっ
たようで僕達があたかもそこにいないかのように戦闘を続けていた。

「彼らにはあなた達の周波数が高過ぎて知覚できないのです、」 マイ
トリアンが言った。「ご存知でしょう、地球の器を身に着けている人間
の中にはまだ共鳴が低過ぎて、周りに高次周波数があっても気づかない
人々もいるのです。」

僕がかつてそうだった頃のことを思い出した。そのことを考えると、自
分が有難くも経験してきたすべてのことに対する深い感謝と無条件の愛
がこみ上げてきた。
すると一瞬にして光のポータルが目の前に開いた。
ポータルの向こうを覗くと地球が見え、銀河生命体が公然と着陸してい
るのが見えた。大勢の人が集まり、銀河ファミリーのメンバー達をハッ
ピーそうに歓迎していた。
サンディとマイトリアンが僕の傍にいるのがわかり、嬉しくなった。
「サンディがあなたを助けるために低アストラルプレーンの幻想を見透
かそうと選択をした時、彼女の意識はこの潜在的現実にも拡大したので
す。」 マイトリアンが説明してくれた。

「潜在的現実って? 」 僕は尋ねた。
「よく尋ねてくださいましたね、」 マイトリアンは答えた。「惑星が
主要共鳴を高次周波数の表現へと拡大する準備が整ったとき、多数の潜
在的現実を創造します。多くの住民は、どの現実に住みたいか決められ
るようにです。
最多数の住民を得た現実にほとんどの生命フォースが満たされ、その現
実が惑星としての高次周波数の表現の一部となるのです。

惑星の住民のうち、高次周波数の現実に次元上昇する準備が整っている
人々は自らの多次元の光(思考)と無条件の愛(感情)のパワーを使って
高次周波数の潜在的現実を創造します。
一方でまだ他者支配の3Dゲームをプレイする必要のある住民達は戦争、
飢餓、伝染病、支配などの潜在的現実を創造します。

「もし内なるパワーと無条件の愛に基づいた潜在的現実の方が多ければ、
惑星は住民の助けを得て高次周波数へ楽に移行することができます。
反対に、他者支配と恐怖に基づいた現実の方が多ければ、惑星の上昇は
困難となり、変化に抵抗を示す現実をいくつか減らすために大災害を創
造する必要が出てくるかもしれません。

「ガイアは愛情深い惑星で、住民を誰一人傷つけたくありません。しか
し、彼女の惑星次元上昇のためには修正が必要なのです。あなた達がい
ま経験したようなエリアは浄化せねばなりません。
地球の共鳴を落としますからね。
人類は理解していませんが、「過去」、「現在」、「未来」はすべて
「いま」の中で起きているのです。

「ですから、どのタイムラインであろうと恐怖ベースの現実は癒し、
減らさねばなりません。現実を癒すというのは、それを創造した惑星
住民達が癒さねばならないのです。
植物も動物も四大元素も自然もガイアとの整列ができています。人間
だけが低周波数を残し、3Dマトリックスを稼働させているのです。」
「僕は3Dマトリックスで経験した現実を浄化したの?」 僕は尋ねた。

「あなたは深く経験しました。そのためにあのシーンの感覚を取り込み、
あの現実のメンバー達も気づきさえしない残虐行為をあなたは意識的に
目撃したのです。あなたは暴力の中に一体化しましたが、高次知覚を取
り戻し、自分の本質との繋がりを失ってしまった、と気づくことができ
ましたね。

「あなたは実際に幻想の中に参加していたと気づくと、大変苦悶してい
ました。幸いにも私達からの愛を受け取ったらあの現実を自らの内なる
パワーと無条件の愛を使って高次周波数へ変化させることができました。
ですから、あなたの質問への答えはYESです。
ええ、あなたはマトリックスからあの現実を除去したのです。
「このうようにしてガイアは変成されてゆきます。彼女の人間達や他の
住民達が自らの恐怖、怒り、復讐、狩猟、他者支配をやめて愛、受容、
癒し、奉仕、内なるパワーを実現させることでね。
動物界は異なる種どうしでも仲良くできることを既に示しています。
たとえ捕食動物と獲物の関係でもね。
幸いなことに、企業がどれほど人々の人生を支配しているかについて、
ますます多くの人が気づきつつあります。彼らの食生活、植物達の最良
の源はこういった企業が不妊を生じさせる食物源へと変えてしまい、人
間の身体に栄養を与えるどころか危害を与えていることにも気づきつつ
あります。

「強さでは、常に内なるパワーの方が他者支配に勝ります。他者支配は
三次元と低アストラルプレーンのみの共鳴です。
しかし、内なるパワーは多次元本質の全域に共鳴し、あなたを『一つな
るもの』の『いま』に繋ぎとめます。あなたの内なるパワーは実際に破
壊に使われる武器を止めることもできるのです。無条件の愛を使ってね。

「もしそれが本当なら、」僕は勢いあまって大声で言った。「どうして
毎日、爆弾が落とされているんだろう?」

「爆弾を受けている人々の中で、無条件の愛を使って爆弾を変えること
ができると知っている人は何人いるでしょう? 実際のところ、無条件
の愛すら知っている人間はどれほどいるのでしょう?

「恐らく、一人もいないか、いてもほんの少しだろうね。」 僕は答えた。
「いま、皆に伝えることはできるのかな?」

「彼らはあなたを信じるでしょうか? あなたからの情報を受け入れるで
しょうか、それとも、これほど苦しんでいるというのにあなたがそんな
馬鹿げたことを言うと言ってとても怒るでしょうか?」 マイトリアンが
尋ねた。
「言っていることはわかった。自分の多次元本質の壮大な能力について
学べるくらい意識を上昇させた人でなければ、受け取れない情報という
のがあるんですね。どうしたら人々にこのことを教えることができるの
だろう?」
「彼らが学びたがっていないことをあなたが教えることはできないので
す。準備のできている人は、自ら現実を作り出してみせるのです。他の
人々が多次元本質まで意識を拡大させた時に、その現実を認識できます
からね。
「目覚めた人の中には、幻想をまだ手放せずに真実を生きることができ
ない人達をサポートする人もいます。ほかに、高四次元地球に存在の場
を築く人もいます。
学びたい人々がナイトボディで訪ねてゆき、そこで学んだり自らの多次
元本質を思い出すことができる場を提供するのです。

「そして、彼らにとっての時間というものが経つと、この『生徒』達は
自らのパワーを受け入れることができるようになり、多次元本質を思い
出せるのです。この変移は最初はゆっくりと進みますが、目覚めた人の
数が一人から二人、二人から四人、四人から八人…となり、飛躍的な進
展が起きます。」

サンディと僕はお互いの顔を見た。サンディは僕をしっかりと抱き、彼
女は僕のことをとても誇りに思っている、と言った。マイトリアンが言
った。「ポータルに入りましょうか。人類が、新しい銀河社会の夜明け
を迎え入れている現実周波数へ繋がるポータルですよ。」
「はい、」 僕達は一緒に答えた。サンディと僕は手を繋ぎ、ポータル
の中へ足を踏み入れた。マイトリアンが後に続いた。
翻訳:Rieko

【2014/04/09 20:28】 | アセンション
トラックバック(0) |
多次元マインドを三次元脳に合わせて調整を行うと、私達の意識、つまり知
覚は大きく拡大します。
私達の拡大知覚が目覚めると、身体の五感の限界によってとどめられていた
大量の情報が表面化して私達の気づきに現れ、現実が透明化します。

日常でこの「全てを知っている」状態にいると、制限や分離といった残存
している幻想が解体してゆきます。
日常で私達が特別な才能を発揮するように、拡大した知覚は強化され、日
常意識にオンライン化します。
こういった拡大知覚は、私達の真なる多次元的本質が元々持っているもの
です。
それが理解できず、恐怖心から判断を下す人々が出てきます。このように
他人から判断を下されることがなければ、多くの人々が拡大知覚を隠すこ
ともなくオープンに使うことができることでしょう。
幸い、どんどん人々は目覚めていますので、そういった判断が下されるこ
とが少なくなってきました。
ですから私達の中からこの新たに活性化された、この長らく隠されてい
た知覚能力を使う人が増えてきています。

スピリチュアル/悟りの追求と同じく、拡大知覚を目覚めさせようとした
り無理強いして使うことはできません。
目覚めへの道のりは川に似ています。私達は川の流れの中心にとどまり、
その流れにのって楽に流れていける状態にいなければなりません。
もがいたり取り組んだりすると、私達は自分を中心の流れから押し出し
てしまい、三次元の渦の中に入ってしまいます。


拡大知覚の活性化
この生来持っているサイキックな知覚を取り戻す一番の秘訣は、私達の
マインドやハート、身体の内で囁きかけてくる静かで小さな声に耳を傾
けること。私達は聞き、見、感じ、匂い、触れるものについての情報を
得るために肉体の五感を使います。そして高次意識の拡大した振動に共
鳴する情報についても、肉体が教えてくれます。

私達の多次元的本質を三次元の地球の器に融合させ、ダウンロードし、
統合させると、新しい多次元オペレーションシステムがアップロードさ
れます。そして拡大知覚がオンライン化するのです。そうすると私達の
生物学的コンピューターである脳が身体に信号を送り、古い三次元オペ
レーションシステムの扉口を超えた情報の振動に対応します。

覚えておいてください、私達は単に意識を上昇させるのではありません。
意識を拡大させるのです。
意識、思考、期待、知覚を拡大させると情報がやってきます。四・五・
六次元、その上の情報と共に二次元、一次元、量子的現実の情報も受け
取ります。
私達が個体性の極限に踏み込んでいくと、私達は肉体、動物本能、自分
自身、他者、スピリット、「天国」、惑星、全ての自然から分離してゆ
きます。生まれもった動物知覚でありながら失ってしまったものの一つ
に、本能があります。


本能
本能とは「知っている」という生来の状態です。「太古の本質」に基づ
いた二次元的能力です。太古の本質とは惑星にチューニングし、水の在
処を知ったり、自分を癒す食べ物・毒になる食べ物がわかったり、自分
達の「種族」がどこにいるかがわかる能力です。
「馬の手綱を緩めれば」、馬は水を見つけます。野生の動物は何を食べ
るべきか、どの食べ物が害を与えるか、わかっています。肉食動物が忍
び寄ってきても襲われるのか、単に水を分かち合うために近づいている
のかがわかります。
私達は進化の過程で基本的な生存のスキルを失ってしまいました。
通常、本能というのは肉体感覚、つまり左脳の論理的本質の部分ですが
、それを無視する訓練を私達は受けてきました。しかし私達は全脳思考
を取り戻すにしたがって肉体と親密な関係を築いてゆきます。
私達が目覚めてゆくと、私達は肉体そのものではないことがわかってき
ます。私達は肉体に身を包んでいるのです。
肉体は私達の意識をとりまくあらゆる形の一つなのです。ただ、肉体な
くして私達は3Dゲームをプレイし続けることができません。

他の現実では私達は種族意識を抱えていました。その土地で生き残らな
ければいけなかったため、本能は最も重要な知覚の一つでした。本能を
使うと、知覚にあがってこない情報を五感を使って寄せ集めることが可
能なのです。しかし遠方を見る時、音が静かな時、臭気がはっきりしな
い時、触れることはできないけれど誰か/何かが近くにいる時などは右脳
が作用し、本能がその情報をすべて集めて三/四次元現実での生活の舵を
とる役割を果たします。


共感
共感とは他の人の感情を感じとる能力です。これは「太古」の部族社会
や動物の群れ、鳥の群れが使っていた二次元能力です。私達が悲しんで
いるとペットが寄ってきて慰めようと身体を押しつけて来ますが、それ
が一例です。言葉を離せない子供が何を欲しがっているか母親は理解で
きたり、ヒーラーは患者がどう感じているか深いレベルでわかるのも、
共感です。
共感も動物知覚の一つです。それを受け取り理解するためには、私達は
身体に注意を向けていなければなりません。ダーウィンは動物の生存手
段として4つの基本的感情について記しました。
生存のために恐怖を感じるのは闘争・逃走反応を起こすため。悲しみは
群れ/集団の絆を強く結ぶため。幸福感は種の繁殖を促します。怒りは障
害を打破するためのものです。
私達の三次元的動物の本質も、ほぼ同様の目的で感情を利用しています。
私達は心から大事に思っている人々、愛する人々に対し、より深い共感
を抱く傾向があります。
しかし強い怒り・恐怖は大嫌いな人に対して抱く感情です。複雑なのは、
他者の感情を自分の体内で感じてしまう場合です。あたかも自分の感情
であるかのように感じます。ですから、混乱を避けるためには自分自身
の感情を理解している必要があります。例えば、私達が機嫌の良い時に
ある部屋に入ってゆくと、そこに怒っている人がいたとします。すると、
その人が怒っている、というよりも、私達が怒っているように感じるの
です。


直感
直感も身体を通して知る力で、思考を使わずとも答えをもたらしてくれ
ます。「第六感」です。直感は四次元かもっと上の知覚を混合させる能
力です。たとえば視覚、聴覚、固有受容感覚(空間におけるあなたの位
置)、嗅覚があります。これらの能力は全て、脳の「通常の」活動域と
見なされている10~15%以上が機能した時に生じます。多くの人が
毎日直感を使っていますが、それを「ラッキー」な出来事と捉えていま
す。直感は本能ととてもよく似ていますが、直感はスピリット・ガイド
からのメッセージや答え、守護としてやってくるという点で本能とは異
なっています。

本能と共感は日々のベータ脳波の意識の間に作用しますが、直感にアク
セスするためにはアルファ波の意識でいなければいけません。
日々の三次元思考の制限を超え、これまでとは全く違った観点で考える
時に直感を得るのです。直感は「天から」の警告やメッセージとして私
達のところにやってくることもありますが、目覚めてゆくにしたがい、
そのメッセージは「天から」ではなく内側から来ていることがわかるよ
うになります。
ですから最も深遠な直感を受け取りたければ潜在意識の隠された場所や
傷ついたハートの中へ思い切って足を踏み入れていかねばなりません。
自分の感情を純粋にクリアーにリーディングできなければ、その汚れた
リーディングが直感に投影され、他者を歪んだ見方を通して見て誤った
情報を受け取ることになります。

つまり、サングラスをかけて外の世界を眺めると、または不明瞭なオー
ラを通して外の世界を見ると、まるで世界は汚れて澄んでいないように
見えます。自分がサングラスをかけていることに気づかないので、私達
の意識が暗く、清澄さがないのだとは考えません。未解決のままの恐怖、
怒り、悲しみは私達の現実のビジョンを曇らせ、自分の多次元本質に身
を委ねることなどできない、と感じるのです。


テレパシー
テレパシーとは他人の思考を読む、もしくは「知っている」能力です。
例えば、誰かがこれから質問しようとしていることに先に答える時がそ
うです。これは四次元・五次元の能力です。三次元の時間という制限を
抜け出し、もっと流動的な四次元の時間の中、もしくは全ての生命が一
つとなって混じり合っている五次元意識の中に移ると自然な結果として
この能力が表れます。

誰かが自分に電話をかけてくる、もしくは誰かが何かを言おうとしてい
る時点でそれがわかり、結局その通りになったという経験をしている人
は多くいます。偶然として片付けることもできますし、自分の拡大知覚
が目覚めているのだなと認識することもできます。
ずっと起こっていたことがやっとわかり、受け入れてもよいのです。
私達は新しい能力を「手に入れている」のではなく、生来の能力を「取
り戻している」ことがわかれば、本質へ戻るプロセスはもっと簡単に進
んでゆきます。
テレパシーが働いている時は一度大きく深呼吸し、自分自身に戻るとい
う変容を遂げていることに感謝するとよいでしょう。いまという具体的
な瞬間に感謝すると、その瞬間は無限に繰り返されます。さらに私達が
内なる自分自身と定期的にコミュニケーションをとっていると、テレパ
シーのメッセージは特別なことではなくなってゆきます。

私達の意識が多次元本質を広く包みこむまで拡大すると、自分の銀河の
セルフ、天上にいるセルフとのコミュニケーションが楽にできます。
このコミュニケーションを通し、私達は「いま」「ひとつ」であること
に気づき、これまでも生まれてからずっと「ひとつ」であったことに気
づきます。


予知
予知、つまり「未来」を見渡すのは四次元・五次元の能力で、3Dの制
限を超えて四次元の柔軟的な時間、そして五次元の「いま」の中へと移
ってゆく能力です。私達一人一人が人生の計画図を創造するにあたり、
予知力は役立ちます。
意識をさらに広げてゆくと、異なる視点から物理的現実を知覚するよう
になります。肉体の五感に制限されている時、私達は巨大な森の中でた
くさんの木々が視界を遮っているような状態にいます。
反対に、拡大知覚を使うというのは一番高い山の頂上にある管制塔にい
る状態です。この塔は時間/空間を超越しているので、自分の一つ一つ
の思考、感情、行動の結果がどうなるかが見えます。
この情報を使って私達はいつでも進路を変更することができます。意識
を高め、思考を変え、他の進路を予期し、以前は得ることのなかった解
決方法を知覚するのです。
そのため、未来はとても流動的です。予知をマスターすれば、「あり得
る現実」と「起こりそうな現実」の違いが簡単にわかるようになります。
あり得る現実というのはエゴの選択であり、起こるかもしれないし起こ
らないかもしれません。一方、起こりそうな現実は五次元以上の「いま」
の中にすでにある現実です。ですから、私達が魂と同調していればその
現実を実現化させることを選ぶことになります。

課題となるのは、私達はどれほど予知能力をマスターしていようと自分自
身については盲点を抱えているという点です。ですから、私達の魂/本質
にチューニングし、その指示に従うのが最良の選択です。物理的現実のコ
ントロールを多次元の自分自身に委ねることで、私達は拡大知識を維持す
るためのサポートを得ることができます。このようにして私達の日常意識、
思考、予期、知覚は調和を保ち愛に溢れるようになります。


透聴力
透聴力は四次元、それ以上の次元からの音やコミュニケーションを聞く能
力です。練習を積めば、私達は誰でも三次元を超越した振動に共鳴する現
実とコミュニケーションをとることができます。透聴力は肉体感覚では見
えない高次存在とのコミュニケーションのことを言い、テレパシーは同じ
次元にいる存在と言葉を介さないコミュニケーションのことを言います。
この点で、両者は異なっています。
チャネリングは透聴力の一種です。チャネリングには2種類あります。無
意識なチャネリングと意識的なチャネリングです。無意識なチャネリング
はトランス媒体または受信者、チャンネルと呼ばれ、本人は三次元の身体
を明け渡してメッセンジャーに使わせ、その身体を三次元へのリンクとし
て使います。この種のチャネリングの場合、媒体は自分の声帯を使われて
いるにも関わらずそのメッセージを聞くことができません。
チャンネルを通して話されるメッセージを誰かが録音するか書き留める必
要があります。エドガー・ケイシーはこのトランス媒体です。

一方、意識的なチャネリングの間、私達は肉体の気づきが完全にあり、日
常にも目覚めています。ただ、意識は拡大した状態です。
多次元意識、三次元意識、四次元以上の意識を使っているので、受け取っ
たメッセージを記憶しておくのは困難です。
ですからすぐに書き写したり、詩や歌にして物理的にとどめる必要があり
ます。スケッチや絵画、踊り、建築、スポーツなどは透視力を介して知覚
される場合が多いのです。
透聴力を活性化させるには、静かな内なる声に耳を傾けることです。自分
自身に耳を傾けると、意識はその共鳴に合うよう修正されます。覚えてお
くべきは、三次元の上にはたくさんの次元があるということ。四次元の低
アストラル・プレーンもあります。
これは恐怖と闇の領域です。また、ある人が死後に四次元から話しかけて
きたとしても、その人は三次元で生きていた時より多くのことがわかって
いるわけではありません。ですから、無条件の愛の周波数を持ったメッセ
ージだけに関心を向けること。それが必須事項です。

また、四次元からのメッセージは物理的プレーンとは異なる時系列を含ん
でいます。また五次元以上からのメッセージは「一つであるもの」の「い
ま」から一瞬の閃光の形でやって来ます。それを三次元の言語に翻訳する
のです。そうすると日常に取り込み、他者と分かち合うことができます。

これらのメッセージを翻訳する私達の脳はコンピューターのようなもので
す。私達が脳にダウンロードしただけの情報しか入っていません。ですか
ら三次元思考特有の概念しか持っていなければ、光のメッセージを翻訳す
るのは困難となるでしょう。
チャネラー/媒体が肉体を明け渡して高次存在に声を使わせる時、そのチャ
ネラーはメッセージを翻訳する必要はありません。
この場合、チャネラーがメッセージを理解する必要もありません。
ただし、チャネリングしている存在がどれだけ有益な存在であっても、身
体を脱け出るのは危険な行為です。そうしてきた多くのチャネラーがそう
実感しています。肉体を離れると免疫機能が大幅に衰弱します。また、自
分の生命の流れにはないエネルギーが入り込むことになります。
チャネリングしている存在のエネルギーパターンを取り入れ、潜伏してい
る闇を取り入れる可能性もあるのです。
私達が多次元の本質に目覚め、ダウンロードし、統合してゆくにつれ、チ
ャネリングは自分の高次元の部分からやってくるようになります。
私達の本質はたくさんの惑星、銀河、次元に共鳴していることを忘れてはい
けません。拡大知覚が活性化すれば、肉体を維持しながら本質とコミュニ
ケーションをとる方法がわかるようになります。


透視力
透視力は四次元から上に共鳴するものを見る能力です。意識を広げてゆくと、
知覚は光の物理的スペクトラムの制限を超えて広がってゆきます。ですから
、四次元やもっと上の次元のものや存在を「見る」ことができます。透聴力
は多次元聴力、透視力は多次元視力です。

私達はあらゆる次元を異なった形で知覚します。次元は多様な光の振動に共
鳴するためです。よくある透視体験は幽霊が見えるというものです。三次元
の思考と信念体系では、幽霊は死んだ存在だと思っています。しかし死は幻
想なのです。死は、その人が共鳴する高次振動に戻ったに過ぎません。

四次元は惑星地球のオーラであり、また一人一人の人間のオーラでもありま
す。私達が自分のオーラの中で相関する共鳴に焦点を合わせると、ありとあ
らゆる振動を知覚します。
私達のオーラには暗い所と明るい所があるように、ガイアのオーラにも同じ
ように明るい所と暗い所があります。地球上にはパワーの集まった場所がた
くさんあります。それは人々が振動を拡大し、それを惑星にグラウンディン
グさせて向こう側に渡り、至福と無条件の愛に包まれて故郷に戻った地点です。

一方、多大なる不正、残虐行為、恐怖、怒りがガイアの表面を傷つけている
場所もたくさんあります。そのような場所ではガイアのオーラにも汚斑がで
きています。私達が透視力を活性化させると、この二つの地域の違いは簡単
にわかるようになります。
透視力・透聴力を目覚めさせると、私達の低アストラル・プレーンを通過す
る光のトンネルを作り、ガイアのボディにそのトンネルをグラウンディング
させるようにとの依頼がやって来ます。

光のトンネルをきれいに整えるという儀式を通し、私達に聞こえたり見えた
りするものが光と闇のどちらに共鳴するものか、その区別の仕方を学んでゆ
きます。私達のゴールは、常に自分の意識を清浄にすることです。そうすれ
ば、潜在的な高次の光の周波数に繋がることができ、その光の中にいる偉大
なる存在達とも繋がることができます。
このプロセスを進めていくと、五次元から上の次元にいる存在にとって時間
や空間は存在しないということを思い出します。つまり、分離はありません。
ですから、私達が出会うすべての人、場所、状況は「いま」「ここ」で生き
ている私達の偉大なる本質の一体性の側面なのです。


超感覚
超感覚とは全てのサイキックの感覚を包括して示す用語です。超感覚を得る
と感覚が広がり、他人のオーラを見たり匂ったり触れたり、また他人の思考
が聞こえたり感情が感じられたり、高次元存在とコミュニケーションをとる
ことができるようになります。

超感覚は肉体感覚を伴った感情として伝わります。そこにないものの匂いが
したり、視界の隅に何かがチラッと見えたり、一瞬前にはわからなかったこ
とが突然わかったり、一瞬他の現実に移って突然混乱したり狼狽したりしま
す。
私達が代替現実、平行現実、高次元現実を経験するのは超感覚を通して経験
している場合が多いのです。代替現実には色々な種類があります。その内の
一つは過去生と呼ばれるものです。しかし時間と空間というのは三次元にし
かない幻想です。ですから意識を四次元へ上げてゆくと、私達が経験してき
た三次元での人生とは一致しない別の人生を経験し始めたりします。

四・五次元の意識になると、私達は三次元の周波数を見降ろして望むがまま
の時間枠を知覚することができます。三次元地球で繰り返してきた多数の転
生も、この「時の車輪」に合わせた知覚から見ることができます。高次元の
視点から見ている時、この時の車輪は時間の制約を受けません。ですから時
間の連続性という制限がなくなり、どんな過去生でも見に行くことができま
す。ただし、いったんその時間に入るとそこでは三次元の時間の流れに従わ
ねばいけません。

超感覚は意識に入ってくる「知っている」という感覚です。その「知ってい
る」という感覚を信用することができれば、それは人生のありとあらゆる障
害を乗り越える手助けをしてくれます。この内なるガイダンスにより、私達
は本質をもっとよく「知っている」状態へと導かれます。自分の本質をもっ
とよくわかれば、内なる感覚の中でも外部から拾ったものなのか、自分の拡
大した知覚から湧き上がったものなのか、もっと区別がつくようになります。

どのような人間関係においてもそうですが、無条件の愛と信頼が親密関係を
もたらします。自分の本質と親密になるというのは多くの人にとっては聞き
慣れない概念ですが、いったん自分の多次元の魂/本質を思い出し、それを
受け入れると、その絆は飛躍的に広がってゆきます。


テレキネシス
テレキネシスは四次元・五次元の能力で、肉体で働きかけることなく空間内
で物体を移動させる力です。四次元・五次元の私達のマインド、感情、意図
は筋肉よりもパワフルです。ですから思考・感情を意識的な意図と交り合わ
せることで物体を動かすことができます。
テレキネシスは、「気力で乗り越える」という表現にも現れています。
つまり、テレキネシス能力を意識して使うと、マインドのパワーでもって物
質を動かしたり影響を与えることができるのです。しかし、テレキネシスで
は感情も重要な役割を持っています。意識的テレキネシスは拡大知覚の中で
一番珍しいものです。
一方で、私達は無意識にマインド/感情を使って物質に影響を与えることがよ
くあります。例えば、テレキネシスを使う傾向の強い人が歩いていて、街路
灯の下を通ると街路灯が点いたり消えたりすることがあります。

こういった人は武道やテニス、野球、ゴルフなどのスポーツに惹かれるかも
しれません。意図のパワーを意識的に使ってボールの方向性を決めたり、
攻撃に使ったりすることができますから。彫刻家も無意識ながらテレキネシ
スの才能を持っている可能性があります。手を使って物質を操りますが、無
意識なマインド/感情の意図もその芸術作品の大きな構成要素となっている
かもしれません。

無意識なテレキネシスとして、ほかにポルターガイストがあります。ポルタ
ーガイストは幽霊ではありません、生きている人間の無意識なる意図を通し
て物質が動く現象です。その人というのはたいていは思春期の若者で、極端
な感情の力に気づいていません。実際のところ、恐怖、怒り、悲しみはとて
もパワフルな力となり得ます。残念ながらこういった感情が無意識に使われ
て物質を操ると、知らずにそうしてしまった本人が恐怖を感じるものです。

テレキネシスでは、強い感情が重要要素となります。感情は運動するエネル
ギーだからです。感情をマスターすれば、愛の感情を使って物質の振動を意
識的に、愛をもって時空の制限がそれほどない四次元に高めることができま
す。すると、重さや量などといった三次元の制限は取り払われ、その物質を
動かすことができるのです。
もし私達が量子意識に意識的に繋がることができれば、量子思考を使って物
質を宇宙のどこにでも即座にテレポートさせることも可能です。
即座にですよ!私達のジャンクDNAはメッセージや物質をどんな場所にで
も即座にテレポートする小さなワームホールとして機能することが証明され
ています。物質を量子レベルまでほどくと時間と空間を超越して移動するこ
とが可能になります。その後、意図された場所で再編成するのです。

私達の日常生活には高次周波数の現実が共存しています。すべての拡大知覚
を使えば、その高次現実を意識的に知覚することができるのです。意識的に
高次元を経験することができると信じることさえできれば、私達の意識は高
次周波数の現実へと拡大します。私達の意識の周波数は、知覚の周波数を決
定づけます。私達は知覚するものしか経験できませんから、私達は自分が知
覚する現実を生きることになります。
これらが、物理的な地球の器の中にいながら他の現実と同時存在するための
秘訣です。たとえば、金星に行ってみませんか?
金星へ行く瞑想

【2014/03/26 20:57】 | アセンション
トラックバック(0) |
サナンダ


。私たちは、かつて見られなかった地球上の時の準備をしています。
決して見られたことがありません。多くの人達はこの役割を果たすために
地球にきているのであって、あなた方はこのサービスのために呼ばれてい
るのです。
私たちはあなた方のエネルギーを洗練するために作業をしてきました。多
くの人達は宇宙船に連れて行かれ、この記憶を持っています。目覚めたば
かりの人達は、自分に対して優しくして下さい。あなた方は次第により深
い理解を得て行くでしょう。
それには時間がかかります。これから先数ヶ月の間は、これまで地球上で
知られている豊かさ、美、愛、真実、正義及び平和の最高の期間として、
地球の大部分の隆起の舞台が設定されています。

地球はこの地域では最も小さい惑星のうちの一つです。ほとんどの人は地
球のスターゲートについて理解をしていません。地球上の自然の、及び人
工のスターゲートは、ただ歩いて通るだけで他の遙か遠くの所への旅を可
能にします。
これが地球上での戦争の全てがスターゲートの近傍で行われた理由なので
す。この旅行のモードは、惑星上の、及び惑星外の高潔な意図を持ってい
ない者にとって貴重です。今地球を去って行く非常に多くのソウルが見ら
れます。
これらの者は、他の側から地球の変化を助けるとの同意をした者たちです。
又地球上及びその周辺にはスターゲートを制御しようとして一緒に作業を
しているETたちがいます。
これがこれまで行われてきた争いです。銀河連合の中の評議会は多くの星
間国家政府及び軍隊と共に地球支援のために、地球のスターゲートを支配
したいいじめっ子共から救う助けをする作業をしてきました。
[http://StarGateEarth.org] 地球外のET達は闇のカバールと共に別の側か
ら地球だけではなく他の惑星も操る仕事をしてきました。今ではこれに対
する処置が済んでいるので心配の必要はありません。
しばしば、”どのくらい時間がかかるのか”という質問が出されます。
答えは銀河連合が切り替えのための努力を調整する非常に多くの惑星からの
評議会と共に作業をしてきた、というものです。

今年の3月から5月にかけては、春分の日(3月20日)、月食(4月15
日)、日食(4月29日)、大十字(4月20-22日が最強)があります。
私たちはこれより多くのことを経験するでしょう!
太陽の大フレア(2月24日)
[http://www.space.com/24801-sun-unleashes-monster-solar-flare.html]

はこの期間でのソウル達と、イベントに伴う切り替えの展開をするための宇
宙母船の、この惑星への流入を始めました。
[http://cosmicascension.org/the-event]
この太陽の大フレアの数日前には、アシュター、ダライ・ラマ、オバマ大
統領、私、サナンダ、及び他の大勢の者がニューメキシコ州のサンタ・フ
ェに、地球上の銀河連合の本部の開所プランの推進のために集まりました。
サンタ・フェはここから地球作戦が展開される場所です。

三月という月は、非常に高度な光の存在達が古代のレムリアのエネルギー
ラインの上に新しいポータルを開く事から始まります。
南米チリから始まり、メキシコ海岸、カリフォルニア、ワシントン、ブリ
ティッシュコロンビア、アラスカを通って、アリューシャン列島、日本、
フィリピン、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド、全ての
太平洋諸島に、ヨニが誕生のために開くので、ポータルが開きます。
このポータルの解放の間、非常に多くの偉大な光の存在であるウオーク・
イン達が地球の切り替わりをもたらす導師としての義務を果たすためにやっ
てきます。
これらの者たちは、これら全てのことが旨く行くように大いなる愛と大い
なる知性を持ってきます。この者たちと共に、プレアデスとアルクトゥル
スの技術を搭載した巨大な宇宙船が利用されます。
このプロセスは数週間かかり、このメッセージを読んでいる地上要員であ
るあなた方に支援されます。
これらの者たちの到着に同調し、地球深くまで浸透する新しいエネルギー
を愛と光のビーコンによって定着させる助けを続けて下さい。

4月に入ると、アイルランド、ポルトガル、アフリカの西海岸、ブラジル、
ベネゼラ、キューバ、米国東海岸、ニューファウンドランド、グリーンラ
ンド、及びアイスランドへの地域で新しいポータルが開くでしょう。
この期間に引き続いて、太平洋に沈んだ大クリスタルが取り戻され、当初
の位置に戻されるでしょう。
より多くのウオーク・インが到来し、導師として、この地球のミッション
のアトランティス地域を支援するでしょう。

4月の第二週は、地球を取り囲んでいる数兆台の宇宙船が地球が今まで達
成したことがないレベルにまで地球を上昇させるミッションのためにソー
スであるアルシオンからエネルギーを降ろして取り込みます。

人間はスターゲートを通じて地球に旅行することが出来る唯一の存在です。
宇宙全体での全ての人間はこの能力を持っています。
私たちの宇宙と七つのスーパー宇宙全体のどこにでも旅が出来るゼロポイ
ントエネルギーの取り込みと共に、今の地球の人間にはこの能力が与えら
れるでしょう。

過去の毎面レベルを突き破る地球の大陸形成が見られるでしょう。多次元
ピラミッドが形成され、レムリアとアトランティスの場所に配置されるの
が見られるでしょう。
それらは地球を水平にエネルギーが取り囲むゼロポイントの力の場を創り
出す合同プロジェクトの中でMTケッシュと銀河連合によって利用されるで
しょう。
これは、物理性が残留している間に起きる可能性がある最低限可能な量子
メカニカルシステムのエネルギーです。
この力の場の中では如何なる武器も機能しません。これは地球環境を平和
な場所にします。
その時にのみ、私たちは宇宙船の着陸を許可出来ます。これらの多次元的
なピラミッドと宇宙の建設者によるレムリアとアトランティスの復活と共
に、プレアデスとアルクトゥルスの人達が初めて地球上に着陸し、あらゆ
ることを変える技術をもたらすでしょう。
今年は物理的世界でこれが見られるでしょう。多次元ピラミッドがゼロポ
イント変調機、地球のピラミッド、スターゲート及びポータルと接続する
と、それらはそのうちに、この領域で物理的な姿になるでしょう。
このミッションは地球を復活させ、地球の成功は他の全ての惑星に必要な
回復の成功を可能にするでしょう。
地球は一番乗りでなければなりませんでした。地球の次元上昇はこの銀河
の数千の惑星の次元上昇と、全宇宙の進化にも直接に影響します。平和な
惑星としての地球は世界の銀河間連合の第33番目の惑星としての地位を
得ます。
大きい成長のこの期間に入るので、私たちは心に持っていた制約を解除し
ます。プログラミングによる制約を持っていると、私たちの愛の能力は阻
害され、地球の次元上昇の偉大さを理解する能力が削がれます。
地球のマトリックスの中で暮らして形成されたプログラミングを除去する
ために必要な内なる仕事を続けて下さい。何も行う必要はありません。
あなた方は何もする必要はないのです。
この宇宙は一連のイベントの中で全ての天の一団と共に協力しあって、大
規模な逮捕、ゼロポイントへの切り替え、及び、大イベントを行おうとし
ています。
四月の雨は花を咲かせる、という古くからの言い伝えがあります。あなた
方は愛され、世話をされ、決して孤独ではないことを知ってください。
ナマステ!こちらはエリザベストゥルートウインを経由してのサナンダです。
翻訳 Taki

【2014/03/19 18:54】 | サナンダ
トラックバック(0) |
“幸せは自分の外に見つける事はできません、それは自分の中で創造するものだからです”
February 21, 2014 by angelicguides
http://www.angelic-guides.com/2014/02/21/happiness-cannot-be-found-outside-of-you-it-can-only-be-created-from-within/
本日は”幸せ”という話題について話していきたいと思います。どうやら掴みどころのない”幸せ”というものを追いかけながら失望している方が多く見受けられます。多くの方が何故常に幸せでいる事ができず、一瞬の幸せしか掴めないのか、今からその理由をお話させて頂きます。人というのは幸せを維持する事よりも、常に幸せを追求する傾向にあるようです。それでは、幸せな状態を維持する事自体は可能なのでしょうか?もちろんそれは可能です。では、まず始めに幸せというものが達成するものではなく、常に維持出来るというのがどういう事かについて私たちの考えをシェアさせて頂きたいと思います。
ハッキリと断言します、あなたを幸せにできるものは何もありません。それよりまずあなたの中に既に存在している幸せを見つける事です、そうする事で初めてあなたの求める幸せは見つかります。多くの方は何かゴールを達成した時、何か特定の物を得た時、完璧なパートナーを見つけた時…その時こそ真の幸せがやってくると思っているようです、しかしそうではありません。何故なら、あなたの現実というのはあなた自身が発する感情やバイブレーションを映す鏡でしかないからです。それはあたかも鏡に若くて輝いた自分が映るのを期待して、その姿が映らない限り求めている若さと輝きを感じられないのと同じです。鏡に映る自分は、自分自身が変わらない限り変わりません。
この例えはあなたにとって滑稽に思えるかもしれませんが、人が自分の外に幸せを求めると実際このようになりがちなのです。覚えておいてください、あなたと同調する現実のみがあなたの現実にやって来ます。あなたが既に内に抱いていないものは、どんな物質も他の人でさえもあなたに与える事は出来ないのです。多くの方が常に物質的な豊かさを求め、それで幸せや喜び、心の平穏が付いてくると期待しているようですが、そうではありません。では、逆に何故、贈り物をもらった時、新しい何かを買った時、素敵な新しい人に出会った時は幸福感が溢れてくるのでしょうか?何故ならあなたの脳がそれによって幸せがもたらされると信じ込んでいるからです;ただその”新鮮味”が薄れた時の空虚な気持ちに
すぐ気が付いてしまいますが…。
幸せというのは探す事は出来ません、それは創造するものだからです。人は豊かさの欠如が不幸をもたらしていると言いますが、それに対して私たちはこう言います…いえ違います、あなたの不幸感が豊かさの欠如をもたらしていると。
私たちが豊かさと言う時、それは物質的な豊かさのみを指しているのではありません。物質は豊かさの一つの側面でしかありませんから。豊かさというのは、健康、財力、友情、愛情、問題、怖れにも該当します。私たちが皆さんに保証出来る事は、あなたは常に何かしらに関して豊かであるという事です。
あなたが平穏を求めているのであれば、まず自分の中にそれを捜しなさい。そこで初めて、平穏に対するあなたの感覚を上昇させるような様々な経験が引き寄せられます。あなたが幸せを求めるのであれば、その幸せはあなたの中から見つけ出さなければなりません。あなたが何かを達成する度、買い物をする度に得られる感情は一瞬のものです、長くは続きません。何故長続きしないか?何故ならエゴはもっと欲しがるから;エゴは常にもっと欲する事でそのモチベーションを保ち続けています。どうか忘れないでください、今この瞬間にあなたの求める平穏と喜びは見つけられます。
分かりますか、あなたの抱く一つ一つの感情というのはあなたの選択次第なのです。では、何でわざわざ悲しくなったり、怒ったりするのか?とお思いですね。その答えは…こちらが教えて欲しいくらいです。あなたは状況に応じて自分の信念や、自分の期待に基づいて反応します。あなたの抱く期待とは、ある状況に対する今までの自分の感情パターンや予測パターンと本質的に繋がっているものです。あなた自身以外の何者もあなたから幸せや喜び、内なる平穏を奪う事はできません。
私たちには分かります、誰も敢えて意識的にネガティブな気持ちを持ちたいなどと思ってはいない事を。むしろ今までの信念や、期待と照らし合わされて、そこからネガティブな感情が湧いてきてしまうのです。多くの方は平穏や幸せを未来に期待しているようです”いついつ私は幸せになる”、”こうこうこうなれば平穏な気持ちになれる”。しかし、未来は”今”のあなたの選択によるのです。今やっている事を変えずに、あなたが既に持っているものとは違う別の何かをどうやって創造するというのですか?今この瞬間にある喜びと平穏を維持してください、そうする事であなたの喜ぶような状況がもっともっと惹き付けられてきます。あなたが恐れや心配、懸念事に意識を集中させると…それがもっともっと
やってきます。
幸せでいる事を選択するというのはあなたの意識的な選択です。それは、現実がどのような状況であったとしても誰もが出来る選択です。今ある現実は今まで自分が持っていた信念や思いから来ています。今この瞬間からあなたが創造する現実というのは、今の思いや選択から創られるものです。今この瞬間にもあなたの思考を変え、すなわちバイブレーションを変える事が出来ます。そうすると、あなたの現実はシフトします。それは必須です、何故なら現実はあなたと同調するしかないから。
多くの人が求める捉えどころの無い心の平穏というのは、常に自分の中にあったのに、人はそこ以外を全部探しながら奥底に感じる空虚感を何かで埋めようとします。私たちは皆さんに再認識してもらうために今ここにいます…平穏は自分の外にはありません。平穏、幸せ、喜びは自分の中からやってくるものです。平穏な状態というのをキープできない人などいません、全ての人が今すぐこの瞬間の喜びを選択する事が出来ます。今以外の時間などありません。未来というのは直線的な時間という信念の中で創られ、生かされている”幻想”です。常にあるのは今というこの瞬間だけなのです。
全ての人が差し迫った明日に対して感じているストレス、心配事、過去を後悔する事を手放し、今この瞬間を評価し始めれば、今この瞬間に自分が何を感じているかがちゃんと分かるようになります。
あなたは今この瞬間満たされていますか?空気、家、水などこの瞬間に身体に必要なものは足りていますか?
もしあなたがこの瞬間に対して不満があるとしたら…お金、人、友情、物質などがそれを補えるかもしれません。しかし、これだけは言えます…あなたがこの瞬間にご自分の周波数を変える事が出来たら、あなたは自分の求めるものを得ます。
自分の外に幸せ、喜びや平穏を創造しようとする事は、順序を逆に創造しようとする事と同じです。平穏や喜びを未来に期待するという事はいわゆる人参を常に鼻面にぶら下げたまま永遠に届かない状態と同じです。何故幸せは指の隙間をすり抜けるように去ってしまうのか、それはあなたの身の回りの状況がそうさせているのではありません。そうではなくて、あなたがそれを創造しようとせず求めてばかりいるからです。どうか時間をしばし取って、私たちが今言った事をよく理解してみてください、これはあなたの望む幸せや平穏を永遠に保つための鍵となります。
私たちの話が、何かしらの形で皆さんのお役に立てたとしたら幸いです。
愛と光の中から、私たちは皆さんのエンジェリック・ガイドです。

【2014/03/19 18:43】 | 未分類
トラックバック(0) |

【2014/03/17 22:09】 | 未分類
トラックバック(0) |

今日は、もう一つ重要な情報をお伝えするために参りました。おそらく、
初めは混乱する人も多いでしょうが、最初から明白にわかっていた人もい
ることでしょう。では、多くの人のハートにとって大切な話題を掘り下げ
ていきましょう。

まず、皆さんの現実の知覚に変動が起きていますね。明確な理由もなく、
漂いながら、ある状態からまた別の状態へと出たり入ったりしているよう
です。
いま、常に変動が続いているという人が多いのではないでしょうか。きわ
めて明晰な状態から不明瞭な状態へ、歓喜の極み、悟りの状態、極度の疲
労と失望といった材料がすべて入った、明暗の対照をなす得体の知れない
スープになっています。
どれもこれも他の人々と繋がりそうになく、長く続くこともないので永続
性を感じることもできません。
こういった混乱状態は簡単に説明できます。未知なるものが向こう側から
滲み出てきているのです。
皆さんはもう、皆さんのものであるこの宇宙に関する知識をいくらか得て
きたことでしょう。
皆さんが人生の初期に学んできたことは、真実の小さな断片でしかありま
せん。
人類は周囲を見回し、自分の感覚でもって検知できることを全て取り込み
ながら収集してきた情報を皆さんは教わってきました。ご存知の通り、皆
さんがこれまであらゆる創造を成し遂げてきましたが、その中で最先端の
ものをもってしても、全創造物の表面を少しだけなでるのがやっとでした。

ですから、皆さんが事実として学んできたこと、無限に続く制限のリスト
はすべてゼロ、空虚となります。
すでに皆さんは、未知の状態を自分の核の中へと浸透してくるのを受け入
れ始めているからです。
これは長い年月、核の中に欠如していましたが、再び戻ってきているので
す。ですから、皆さんはもう、これまでの皆さんではありません。と言う
より、かつての皆さんは、皆さんという存在の静かで小さな片隅に追いや
られ、残りの皆さんの部分は忙しく作業中です。
皆さんを長らく失われていた知識で再びいっぱいに満たす作業です。乾き
きったスポンジのように、皆さんは一つ一つの粒子レベルまでその知識を
吸いとっているのです。

皆さんは内にぽっかりと開いた虚空があることを強く感じとりし、自分の
大部分が欠如しているように感じてきました。
皆さんは人間という状態に入った時にソース(源)との繋がりが切断され
ましたが、このソースが皆さんの虚空をいま再び満たしているところです。
今となってはよくご存知でしょうが、人間になるということは、「本当の
皆さん」の大部分を置き去りにしてくるということを意味します。

そして、皆さんは故郷から「神の火花」を携えてきていて、この神の火花
を通して送られてくる呼び声が皆さんの耳に届き、いま、ここに皆さんが
到達するために皆さんはその呼び声にしたがってあらゆる選択をしてきた
のです。
再び「ひとつ」になろうと呼びかけるこの呼び声はとても強く響いてきま
した。そして皆さん全員の中に強い欲求を生みだしました。一人という単
位ですが、それでも完全に繋がり合いたい、という欲求で、それがこれま
での皆さんです。
ええ、いまこの瞬間に皆さんがここにいるのも、この理由のためです。
皆さんが人間になった時、皆さん自身は記憶がまた消されることを重々承
知していました。
それまでも人間になるたび、毎回、この制限に従うしかありませんでした
し、今回もそうなるとわかっていたのです。
ですが今回は、忘れ去ったことを思い出すことが課題であるということも
わかっていたのです。

そして、まさにそれを皆さんは達成されました。あの虚空からの声が最初
から皆さんの中でそこまでパワフルだったのは、このためです。皆さんの
中には、自分はただの人間というだけの存在ではないと気づく前からあの
呼び声を聞いてた人もいます。
そのため、初めから場違いなところにいるような感覚があったのです。
また他に、人生の後半にさしかかるまであの呼び声に気づかなかった人も
います。
ある時点で何らかの形でその声が現れ始め、聞き耳を立てて声を聞かなけ
ればいけない時が来たのだな、と気づいたのです。
このようにして、あの二度と取り消すことのできない決定が下され、皆さ
んは火の中雨の中をゆく旅に出発しました。
苦難もありましたが、歓喜や交友を深めて輝く瞬間もありました。この旅
で皆さん一人一人がそれぞれの道のりを辿り、この地点まで来られました
が、この旅はこれから以前とは全く異なる軌道をとり始めます。
これから、皆さんの道が他のあらゆる人々の道ともっと直接に交わってゆ
きます。
そして、皆さんの役割は単独の存在で再び全体性を探究するというものか
ら変わってゆき、他の人々と積極的に関わって輪を作るという役割になり
ます。
ありとあらゆる形で一体となるよう呼びかけがあります。それぞれが、独
自に特別な目的を持って集まります。ですが、一人一人の目的が他の人々
の目的と親密に繋がってゆくのです。

いま、皆さんは呼びかけを受けて一歩前に出て真の創造に着手します。
皆さんのためだけではない、全創造物のための創造です。ですから、皆さん
が真の創造主として活動する時期が本格的に始まります。ある人は大喜びす
るでしょうが、とても心配になる人もいることでしょう、わかっています。

皆さんに浮かぶのは「自分の役割って何だろう? 自分が何になったらいい
か、どうしたらわかるんだろう? 
もしこのチャンスを逃したら、どうなるんだろう?」という疑問でしょう。
そうですね、その疑問に対する答えは実にシンプルです。皆さんは、知るべ
きことはもうすべて知っています。

未来の繋がりはすべて、すでに確立されています。ですからこれからは、こ
の生来の知識とそれらすべての繋がりがゆっくり、穏やかに点火されていく
だけです。
ですから親愛なる皆さん、恐れないでください。もう一度皆さん一人一人に
言いましょう、皆さんはしかるべき場所にきちんといます。
答えは、皆さんの人間としてのマインドの状態が受け取る準備が整えば、一
つずつ皆さんの元にやってきます。
中にはすでに染み出してきている人もいますし、まだタイミングが整ってい
ない人もいます。そして忘れないように、これは一番に誰が知るかなどとい
う競争でも何でもありません。
これはすべての意図と目的において、きわめて複雑なオペレーションであり、
一人一人が、そしてイベントの一つ一つが他のすべてと親密に繋がり合って
います。
ですから、すべての一片にとって相応しいタイミングが前もって念入りに計
算されています。
ですから、何らかの形で行動を起こすべき相応しいタイミングが来れば、皆
さんはご自分ではっきりとわかります。
さらに思い出してください、行動を起こすということは、これまで皆さんが
やって来たことをそのまま同じ場所でやる、ただそこに「存在する」ことを
意味する時もあります。
それが皆さんの役割である可能性もあります。ただ、今回違っているのは、
なぜその行動なのか理由がわかるという点です。

ですからええ、皆さんをこの先、楽しみがたくさん待っています。ですがい
つものごとく、皆さんの身体は新しい環境に合わせて再調整をするため、時
に休憩が必要になります。
思い出してください、皆さんは真空の中ではなく、エネルギーの環境の中に
存在しています。
そして、いまや皆さんはそのすべての部分と親密に繋がり合っています。
それでいま、エネルギーパターンが上がったり下がったりコロコロと変わる
たび、皆さんはそれをこれまで以上に強く感じるのです。
そのようなわけで、落ち着いてバランスをとった状態でいられる時間はいま
はまだあまりありません。
人体の感覚システムを通って感じとるものに加え、もう皆さんはもっと遥か
に複雑な形でこれらの全体エネルギーと交流し始めているのですから。

この件についてはまた後ほどお話しましょう。これはすべて、皆さんの多次
元存在としての新しい役割の一端です。
関心も可能性も無限に広がってゆく話題です。ですが、この件はここまでに
して、いま皆さんはエネルギー的にも精神的にも肉体的にも混乱のただ中に
身をおいています。
この中で、どうすれば自分を安定させられるか、これについてお伝えしまし
ょう。
いつもと同じく、シンプルな答えはこうです。ただそれが皆さんを通過する
がままに身を任せてください。
皆さんが抵抗すればするほど、もがくことになります。岸にしがみつこうと
するのを止め、川の中心の流れに向かってゆくという古いイメージをもう一
度思い出してください。
そうすると、川の流れがいかに速かろうと何度その方向を変えようと、流さ
れてゆくままにただ身を任せていれば、皆さんは不必要に力を使わなくとも
辿り着くべき所に連れていってくれます。

しかし皆さんが流れに逆らって方向を変えようとした途端、もしくは今ここ
が心地よいと感じるスペースに留まろうとし、前進せねばならないなんて考
えるのも嫌だと思った途端、この流れは皆さんにとって不快感を高めるばか
りであることを承知してください。

いま、皆さんは複数層からなるエネルギー・コミュニケーションにさらされ
ています。
この新しい層は皆さんの日常生活に染み出し始めています。そして皆さんの
中にさらに混乱を生じさせることでしょう。
皆さんにはこの全プロセスが高い視点から見え始めます。すべてがクリスタ
ルのように澄みきっていて、この疲労困憊と混乱の壁の向こうに真のニルヴ
ァーナ(楽園)が準備を整え、皆さんを待っていることがわかってきます。

実際のところ、もう皆さんの中にはこのニルヴァーナに行って浮き浮きする
初めの味見をしてきた人もいます。
ですから、そのような人は、精神的であれ肉体的であれ、いっさいの不快感
がすっかり止んでしまうあの感覚を証言できるはずです。

その他の人は、少なくとも時々、このエネルギー騒動から身を何とか引き上
げ、深呼吸をすることはできています。深呼吸をして自分を静め、落ち着か
せ、このプロセスが続く限りまた続けてゆけるはずです。
つまり、何が現実で何が幻かという古い知覚を捨て去るという形で、皆さん
は水中から何とか頭を出すことが出来ているからです。
この先、自分やこの惑星にどんな災難が起きるのだろうという残存していた
恐怖を皆さんは手放すことができたのです。
すべてが順調であるとシンプルにわかるのは、その時なのです。そして、永
遠にすべては順調に進んでゆく、と。そうでない人々にとっては、あらゆる
エネルギーの密度の層がかき回され、時折皆さんを下へと引っ張ります。
そして悲しみ、後悔、未来に対する恐怖の中で溺れているかのように感じる
ことでしょう。
道中で、淀んだ水が溜まった深いポケットに落ちたとしても私達は誰も責め
たりしません。それもただ、予想通りなのです。それは単に汚染された水の
ポケットでしかなく、皆さんはやがてそこから出て、かつてないほどまたク
リアに見始めるであろうことを私達はよくよくわかっているのですから。

ええ、この話題は皆さんをさらに混乱させ、反対意見を唱える人もいること
でしょう、わかっています。
ですが繰り返しますが、私達は皆さんに思い出していただくためにここにい
ます。このプロセスはかつてない規模のカオスのように感じるかもしれませ
んが、それはこの「創造物」という多重層の「ケーキ」に、より深いレベル
で皆さんが繋がることができたからだということを。

皆さんの人間らしさは、まだ「普通」のように見えているところへ時計の針
を戻そう、リセットしようとすることでしょう。言い換えると、皆さんの多
くはまだこの全プロセスを人間の目、人間のマインドを通して見ようとする
習慣に戻り、あのよく知っている単一層だけを選ぼうとしています。

そのため、皆さんのシステムに中に入ってくる、これからどんどん複雑化す
る信号配列によって皆さんは不安定に感じるのです。たとえそうだとしても、
これも単なる一つの段階に過ぎず、皆さんはやがてそれから切り離せるよう
になってゆきます。

すでに皆さんは他の、皆さんという存在のもっと多重で器用な部分としっか
り再接続されていますから、そのうち自分を信頼してゆき、多重プレーンを
行き来する旅人となることでしょう。

これは、本当の自分を思い出すシンプルなプロセスです。いま、記憶に関し
ては混乱を生じる時期にいますが、それもやがてうまく収まってゆきますか
ら、このいつまでも増え続ける光の洪水の中で全員の人が心地よく浮かぶこ
とになります。
私達はあらゆるすべての理由があってそう予期しています。あの古い密度の
層が皆さんを澄みきったクリアな表面から引きずり下ろし、沈泥の奥底に引
っ張ろうとするたび、皆さんはそれを感知して水面まで上がってくることが
できるようになります。
その時、皆さん全員にとっての未来は確かに輝いていることを真に理解して
いただけることでしょう。外で起きるイベントがどんな形で水を濁らせよう
としても、それは関係ありません。

思い出してください、皆さんの人間らしい部分を通して感じることは、その
通り一次元的です。
ですから、皆さんの世界の古いバージョン、古いバージョンの皆さんに制限
されています。
ですがもう、皆さんも皆さんのいる世界も単一性という古い学校を卒業しま
した。再び、多重宇宙の多次元メンバーとして十分に成熟するための授業を
皆さんは受け始めているのです。
皆さんは新入生ですから、この最初の時期で自分をかつてないほど未熟に感
じるかもしれませんが、きっと間もなく皆さんは水を得た魚のようにこのプ
ロセスに没頭されることでしょう。
それこそが本来の皆さん、スイミング・クラブの上級メンバーであり、満開
に花を咲かせた存在なのです。この水を、皆さんはよく知っています。
この創造の大海は皆さんの小さなPOND(池)と比べれば遥かに大きく、巨
大で無限に広がっていますが、皆さんがもう一度泳ごうと決めたのであれば、
この無限の可能性という公海を難なく進んでゆくことができるのです。

溺れることはありません。全員、強く育ちます。皆さんが心を決めてこの水に
完全に身を浸した瞬間、すべてが蘇ってきます。

そして私達皆と共に陽気に跳ねまわることでしょう。
翻訳:Rieko

【2014/03/09 09:21】 | アセンション
トラックバック(0) |
私の元々の意図としてお伝えしたかったのは、もし皆さんの高次のガイダン
スが話したら、「聞いて」ください、ということです。
実際のところ、先ほどの発言が全てのチャネリングの基本となります。最後
に付け加えますが、チャネリングとは、自分達の多次元の本質の高周波の表
現に意識的に繋がり、身を委ねるということです。

私の質問:
親愛なるアルクトゥルス人、私達の知覚感覚は投影者ですか、それとも受信
者ですか?

アルクトゥルス人の答え:
あなた方の感覚は投影者であり、受信者でもあります。しかし、まず先に投
影する側です。まずは自分の現実に向かって感覚による期待を投影します。
そして、その現実の中でその期待の知覚を受け取るのです。
皆さんが何を知覚するかは、皆さんの意識状態によって決まります。それは
覚えておいてください。
ですから、皆さんがどのような期待を投影しようと、皆さんが三次元の意識
状態にいるならば、その期待の三次元的表現しか知覚することはできません。
しかし、投影は皆さんのエーテルのオーラに刻印を残します。
この期待が皆さんのオーラの中に刻印された途端、その期待は皆さんの欲求、
失敗、成功、道徳観、限界など個人的歴史によって影響を受けることになり
ます。

刻印
その後、この刻印は周波数の中を移動し、オーラと四次元マトリックスの間
のインターフェースとなって連結させます。
皆さんの期待がエーテル・プレーンから皆さんの四次元アストラル・プレー
ンに移ると、期待の刻印は皆さんの過去生や未来生、同時生、代替生の全て
の影響を受けます。
さらに、この刻印は四次元エモーショナル・ボディへと移ってゆき、過去生
や未来生、同時生、代替生での全ての感情の影響を受けて更に変化してゆき
ます。そして、刻印は四次元メンタル・ボディの中へ移ってゆきます。そこ
で過去生や未来生、同時生、代替生での全ての思考が刻印に影響を与えます。

皆さんの元々の期待の刻印が高四次元スピリチュアル・ボディの周波数に共
鳴する頃には、その期待は元々の欲求とは似ても似つかないものになってい
ます。もし皆さんが五次元の扉口で「私は存在するものである」そのものと
コミュニケーションがとれていれば、この期待の知覚が刻印されるのを止め
ることができます。
自分の期待に過去ののウィルスが侵入すると、わかるからです。
一方、もしこの期待が皆さんの現在/過去/未来生で大きな成功を収めたこと
のある欲求に基づくものであれば、四次元を通過する時に歪みは生じず、む
しろ鮮明さをもって移行してゆきます。
このため、今生や他の人生で成功したことは簡単に知覚/創造することがで
きるのです。
成功の記憶を無意識に持っていて、それが「自分は成功するに相応しい」と
いう信念パワーとなり、初めに投影した期待を守ってくれるのです。
間違って投影/期待が四次元の失敗・恐怖の歴史の中に入って物理的な形を
とったりすることがなければよいのですが。
幸い、もし高次状態の意識を維持することができれば、皆さんは3D生活の
ドラマから離れ、実現化へのアプローチを変える必要があるのだと気づくこ
とができます。そのためには、どうしたらよいでしょう?
どうすれば、長い三・四次元の失敗の歴史を避けて人生で成功を実現化させ
る期待を投げかけ、受け取ることができるのでしょう?答えはいたってシン
プルです。

次元の感覚
三・四次元の感覚と、五次元の感覚の違いがわかるようにならなければなり
ません。「感覚-feeling」という言葉は、「知覚-perception」に対して使っ
ています。なぜなら、五次元知覚は皆さんのライトボディ全体で感じとるも
のだからです。

3D知覚
一方、皆さんの三次元は、皆さんを三次元的制限に縛っているような感覚が
します。人々と、場所と、物と分離している感覚です。この制限の感覚を脱
け出るためには、三次元的信念への執着を手放さねばなりません。三次元的
信念は、自分は電磁スペクトラム上のごく限られた狭い周波数領域に共鳴す
るものしか知覚できない、という信念です。

4D知覚
皆さんが目覚めている間に四次元知覚がオンライン化すると、夢の中のイメ
ージのように現れます。
いくらかの分離はあるように見えますが、形は変わり続け、知覚できるタイ
ムラインの中や外をふわふわと漂います。
したがって、三次元の濃密度で制限的な知覚とはずいぶん異なり、四次元の
知覚は形を変えながらひらひらと飛び回ります。
三次元では、物理的タイムラインの中で何かに触れたり話しかけたり、音や
声を聞いたり、相互作用して知覚を「感じて」います。
四次元では皆さんの知覚は鮮明ですが変わりやすくなっています。通常なら
夢を見ているか瞑想している状態です。物理的生活の中や外で、四次元的な
視覚、聴覚、触覚が一瞬現れることもあります。


5D知覚
五次元知覚が知覚できるのは、瞑想状態にあるか、五次元の意識状態にある
時のみで、通常はデルタ波の意識です。デルタ波の意識にある時、皆さんは
肉体の目は閉じていて、意図は皆さんの内なる世界におかれています。
しかし、練習を積めば皆さんの高次意識の中へ漂ってゆく全ての生命との一
体感や無条件の愛の感覚を思い出すことが可能になります。そうすれば、こ
の多次元の本質の周波数とやり取りをする間も目を開くことができます。


感覚の違いを知る
三次元意識は、肉体を守るために恐怖の元となる全ての刺激要因に対して警
戒態勢でいるように、と訴えてきます。四次元意識にいる時の知覚は皆さん
の肉体を傷つけることはありませんが、自分を守るようにと警告することは
できます。つまり、三次元意識も四次元意識も、程度の差はあれ恐怖や警告
の感覚を持っています。
一方で、五次元は危害といった周波数を超越し、つまりは恐怖を超越して共
鳴します。五次元意識はは喜び、祝福、無条件の愛に満ちているのです。

これらの3つの感覚は三次元や四次元ではほとんど感じることのなかった感
覚ですから、自分が五次元意識もしくはそれ以上上の意識にいるかどうか、
この3つの感覚を使って確認することができます。

皆さんが三次元・四次元の歴史を突き止めることができれば、過去の失敗や
トラウマから学びを得て意識を五次元の「いま」の中へと高めることができ
ます。このようにして、三次元・四次元の歴史を迂回し、時間のない五次元
の未経験なる期待に自分を引き寄せることができます。時間がなければ、歴
史も存在しないということを理解してください。

五次元の故郷に戻るにあたり、低次元での歴史は障害となりますが、その歴
史は皆さんが低次元界で初めて転生するそもそもの理由ともなった「歴史」
が寄せ集められたものです。「初めての転生」と言ったのは、時間に制限さ
れた現実の中での転生は連続し、数を伴って起こるためです。

もちろん、皆さんは初めの転生に入る前はこのことを知っていました。
しかし時間というものを一度も経験したことがなかったので、「歴史」を持
つということが何をもたらすか、全く想像つかなかったのです。時間のない
状態では、皆さんはいつまでも新しいままです。
ですから、他者から分離した現実の一つ一つの中で時間の制限を受けるとい
う無数の経験をしたことはありませんでした。

五次元においては、皆さんは「いま」の中で無数にある現実を経験します。
これらの現実は全て、皆さんの意識の流れの「一つ」の中で繋がり、混じ
り合っています。
皆さんは人ではなく、場所や物でもありあません。純粋なる意識です。高次
界にも形はありますが、光/エネルギーフィールドの入れものとして作られ
た場合のみ存在するものです。

純粋な意識という存在
純粋な意識という状態にある時、自分の本質の感覚はどんな形を身につけて
いるか、ではありません。
本質はエネルギーフィールドであり、それが形を動かしています。皆さん
の意識のエネルギーフィールドは、皆さんの「いま、ここ」に独特な形を付
け足したり取り去ったりしますから、流入するか流出するか、皆さんの選択
次第で意識は拡大したり収縮したりします。同じ「いま」の中では、簡単に
起こることです。

ただし、五次元やもっと上の次元では、流入と流出は分離していません。意
識、エネルギーフィールド、本質のうねりなのです。
もちろん、本質というのは高次界で個人を示す言葉ではありません。草や
空気、水、火などと同じく、皆さんの本質というのは個体を示す言葉では
ありません。
草は一枚の葉ではありませんし、火は小さな火花を指しません。空気や水
も、一つの分子や原子から成るものではありません。
高次界では「存在」は多重性を持っています。
五次元やもっと上の次元にいる皆さんの本質は無数の次元的経験を創造し
、同時に創造されています。
それらの経験に皆さんのエネルギーフィールドが引き寄せられ、または同
調するのです。
したがって、五次元にいる本質の感覚/知覚は、皆さんが知覚したい、と期
待している現実と交りあうエネルギーフィールドを投影したものです。
この期待は一体化して五次元の知覚フィールドと共に流れます。その知覚フ
ィールドは皆さんの期待が一瞬にして創造するものです。
ですから、知覚の期待が、期待された通りの知覚そのものを生みだすのです。

無限の輪
高次元の現実は無限の輪となって流れており、始まりも終わりもありませ
ん。これらの現実において、知覚とは知っている状態、自分が知覚したいと
望むものが一瞬のうちに目覚めた意識の中に流れ込んでくるということを
知っているということです。
無限なる現実に始まりも終わりもないのですから、全ての知覚はすでに「あ
る」のです。
巨大な岩の中を歩いている、と想像してみてください。その岩の中では、何
でも欲しいものはすぐに買うことができます。
ただし、この店では、全ての物があらゆる形で通路や棚に並べられてはい
ません。この店の全ての物は可能性として潜在的に保管されています。

この店の通路をあちこちに移動したり、ある物を見つけるために店員に商品
の場所を尋ねたりする必要はありません。全て、純粋なる潜在性として形を
持たずに、全ての場所にあります。そして潜在性を実現化させる期待の呼び
かけをひたすら待っているのです。

この店では、期待/欲する前に何かを知覚することはありません。ただ期待/
欲求が一瞬にしてこの潜在性に呼びかけ、自分のエネルギーフィールド(存
在)の中で実現化するのです。
無条件の愛は多次元宇宙を結合させます。
ですから、皆さんがこの実現化を無条件に愛すれば、それが皆さんのエネル
ギーフィールドに結び付けられます。
この実現化に対する無条件の愛との結合を解放すると、それはまた形のな
い潜在性となって「いま」の無限に広がる「一つ」の中で流れます。この
「いま」の中に時間はありませんから、空間もありません。あるのは「こ
こ」だけですから。

いま、ここにいる
三次元にいる時さえ、「いま、ここ」にいるために時間は要しません。この
ため、皆さんが私達の知覚を期待すると、高次元現実にいる私達は一瞬にし
て皆さんの意識の中に「いま」存在することができるのです。さらに、空間
もありませんから、私達は皆さんから分離などしようがないのです。

皆さんの本質の高次表現である私達は、永遠にいま、ここにいます。
ただし、皆さんが私達を知覚すると期待しなければ、皆さんのエネルギーフ
ィールドは私達を知覚できる周波数に共鳴することはありません。
おわかりですね、皆さんの期待は意識状態の周波数をも修正するのです。

もし自分の高次表現と話をしようと期待すれば、皆さんの信念によって意
識は五次元に拡大します。もし高次界と話すことができると信じていなけ
れば、そんなコミュニケーションが起きることなど期待しません。

同様に、もし皆さんが高周波数の光/命(光も命も周波数としては同じです
から)を知覚することができる、と信じるなら、皆さんの意識はその現実の
周波数に同調したまま維持されます。
全ての疑念、判断から解放されている限り、ですが。もし疑念や判断が起き
ると、どちらも恐怖から生じますから、意識は三/四次元に落ちます。


無条件の愛
低い意識状態にいる間は、皆さんは五次元やもっと上の次元を知覚すること
はできません。これは重要なので覚えておいてください。感覚が、その周波
数に合っていないからです。幸い、自分に向けた無条件の愛によって意識は
五次元、もしくはもっと上まで拡大します。

意識が拡大している時は、五次元意識を使って高次界を知覚することも、三/
四次元意識を使ってその知覚を三/四次元の形やガイアの地球という形にグラ
ウンディングさせることも、同時に選ぶ事が可能です。

この作業には練習が必要ですし、高次周波数の無条件の愛との強い結びつき
が必要です。ただ、多次元知覚を取り戻すことができれば、皆さんはポータ
ルのオープナー(開設者)となります。
ポータルのオープナーとして地球の器を身につけたまま、同時にガイアのボ
ディに皆さんの五次元知覚をグラウンディングさせることになります。
このようにして、五次元知覚は三次元的に創造されてゆくのです


皆さんが五次元知覚を期待すれば、多次元意識が活性化します。したがって、
高次界が3Dマトリックスと交り合うのを知覚することができるようになり
ます。五次元周波数と三次元マトリックスが交り合うと、3Dマトリックス
は安定性を失い、高次の光が皆さんの物理現実の中に差し込んでゆきます。
実際に、高次の光は皆さんの「いま」の中に差し込んでいます。これは惑星
の次元上昇の大きな要素を担っています。
この件については、皆さんの3D時間でいう後日に詳しくお伝えしましょう。
それでも、皆さんはいつでも意識を五次元に拡大することができますし、皆
さん自身でも私達を呼んでください。
最後に、自分自身に焦らないようにお願いします。皆さんは物理的な存在で
しかない、と信じるように教育されてきましたからね。ですから、自分に無
条件の愛を向けることで意識を拡大させること、皆さんとのコミュニケーシ
ョンを待ち焦がれている多次元の本質のいる、高次界に自分を引き寄せるこ
と。これらを忘れないようにしてください。
ただ必要なのは、自分の本質を信じること。それだけです。
アルクトゥルス人より
翻訳:Rieko

【2014/03/05 21:20】 | アセンション
トラックバック(0) |
日本は大きなシフトを経験しました。
変化は起きたものの、どこにいくのか方向は決まっていません。
どちらに向かうのでしょうか?
 賢い選択をすれば、日本は大きく飛躍するでしょう。
 人々が目覚めるかどうかです。
 目覚めるとは、自分の中を見始めるかどうか、ということです。
 自分が全体の一部であることを受け入れ、自分の行動が世界に与える影
響と世界が自分に与えている影響について理解し、自分が世界を、そして
世界も自分を必要としていることを認識することです。

世界とは、植物や岩、動物、全てです。
もう古いパターンを続けることはできません。

日本は何を選ぶのでしょうか。
あなた方、ライトワーカーがそれをサポートしていくことになります。

日本はかつて、高い波動を保っていました。
全ての生命を敬うという、地球の青写真である高い形式を保っていました。
神道の元の意味はそうでした。

全てを敬うという形式は、技術の進化とともに維持されるべきものでしたが
特定の選択がなされて、削除されていきました。
でも、今日本は源に戻る機会を与えられています。

日本は世界に対して大きな役割を果たす機会があります。
これから世界で主要になるエネルギーを地下に維持する役割を持っています。

私(ガイア)は新しい意識を保つための発電所ともいえるエネルギーセン
ターを世界中に作っています。
だからこそ、古いエネルギーを解放するために地震があるのです。
今年も、これからもまだ地震が続くことになり、破壊される場所もあるこ
とでしょう。

でも、私は新しい現実を創造するためにそれを起こしているのです。
大変な変化が起こるこの時だからこそ、人々のために光を保ってください。


自分に平和があるかどうか簡単に確認してみてください。

ニュースを聞いたとき、読んだとき、目を閉じて自分に平和があるかど
うかを確認してください
あなたが平和を保っていれば、集合意識に影響を与えます。

一人の人は2万2千人に影響を与える力を持っています。
一人一人のライトワーカーが日本に与える影響を考えてみてください。
個人で必要な場所にエネルギーを送ること、そして個人で平和を保つこと
です。

ただ、自分の中のフィルターがきれいでなければ送るエネルギーもきれい
でなくなってしまいません。

ですから自分のエネルギー場の浄化に努め、また健康的な食事、水をとる
ようにしてください。

自分がきれいであればあるほど、健康であればあるほど、あなたのワーク
は明確で純粋なものになるはずです。

あなたが持っている最も高いエネルギーは何でしょうか?
あなたの魂のエネルギーです。

魂のエネルギーをどのように日常生活に落とし込めばいいのでしょうか?
魂のエネルギーを生活の中の全てのものにインプリント(刻印)するとい
いでしょう。

自分の魂のエネルギーによって、自宅や職場をアシュラム(聖なる場

所)にするのです。
自分のエネルギーを設定することによって、家も、職場もエネルギーを維
持した環境にするということです。

例えば、朝、洋服にエネルギーを送ってから着る、座る前にソファにも
送る、読む本にも送る聞く音楽にも送る、家の全てに送るということで
す。
時間はかかるかもしれませんが、次に部屋に入った時に、魂のもつ愛や
平和のエネルギーを感じることになります。

あなたが落ち着けば落ち着くほど、高次のマインドが開かれ、右脳が使
えるようになります。
そうすると周囲で起きていることに影響を受けなくなります。
だからといって無関心になるということではなく、感情的にとらわれなく
なり、そしてあなたが保つ平和が周囲に影響を与えることになります。

あなたは生まれ落ちた時、最高の波動を保っていました。
どんな赤ちゃんも、複雑な合併症を起こして生まれた場合でない限り、
創造主と言うよりは、自分自身の魂が持つ、設定した青写真をまっとうす
るための個人の創造力を持って生まれます。

その人生で行うと決めた全ての経験を作り出せるエネルギーを持って生
まれるのです。
これを誕生時の源のエネルギー(バース・ソース)と呼びます。
それは特定のパターンを持ち、色、音を持っています。

この誕生の源のエネルギーとつながることによってこの人生で行うと決め
た経験のために必要な全てのエネルギーにアクセスすることができます。

それを例えば音として把握して、机に手を置き、その音を演奏するイメー
ジを持ってみます。その音を再現することによって自分の目的や必要な経
験を理解することになります。

あなたの源の音、色、波動は全てあなたの魂の中にあります。
それを見つけてください。
あなたの鍵になるものです。

この新しいエネルギーの中では、それに意識を集中してください。
源のエネルギーを知ることで、あなたが学び取るべき学びを知り、学び取
る方法も理解することになるのです。

赤ちゃんとして生まれ落ちた時、人はその人生での全ての可能性を含んだ
青写真を持って生まれます。

あなた方にしてほしいこと:

1、誕生時の源のエネルギーを探してください。
2、魂のエネルギーを周囲に設定すること。
3、感情のブロックを解放すること。
4、ハートに魂とつながる電話を置き、日常生活の中で魂とのつながりを
深めること。
5、生活の中で自分のために深呼吸をする時間をとること。自然の中にい
る時間を作ること。

フォトンのエネルギーはとてもパワフルで、DNAや細胞、松果体を活性
化してくれます。

先ほど言ったワークに取り組むと、自分だけでなく他の人にも影響を与え
るはずです。
あなたの意識が高まると、日本人の集合意識も高まり、それが世界の集合
意識にも影響を与えます。

そしてもう一つ。
日本は現在、大きな災害に見舞われ、日本政府はその対応に追われていま
す。
でも賢い選択をするための情報を与えられていません。

日本の指導者が今行う決断は多くの人に影響を与え、また彼らが行う決

断と現実化の時間差がとても短くなっています。
間違った決断の結果に直面するのもすぐになります。

なのであなた方の光を日本の指導者に送ってください。
それによって全ての人に恩恵を与える決断ができるようにしてください。

震災後、日本は多くの決断を迫られています。

原発をどうするのか、補償をどうするのか、それらの決断は後々の世代に
も影響を与えます。
一つの行動は7世代後まで続く影響力を持っています。

当事者だけでなく、その子孫にも魂の道があり、今行われる決断に影響を
うけてしまうのです。

自分の行動によって他者の成長を止めるということはその行動、決断をし
た人のカルマとしても続いていくことになります。

最善だと思った決断であったとしても、それはマインドのみが最善とする
決断かもしれません。

光を送ることによって、指導者のマインドではなく、高次の視点からの
最善の選択がなされることになります。

光を送ってください。
日本の将来については、指導者だけでなく、ここに座っているあなたがた
一人一人に責任があるということです。

私は世界各地、また日本の地下にも動きを通じてエネルギーセンターを創
造していますがそれに対して人間が働きかけなければ、それが機能するこ
とはありません。
ただ、休眠状態が続いていくだけです。

新しい地球を作り出すためには新しい作業が必要になります。
それを再コード化と呼んでいます。
地球にはエネルギーを作り出すための地理的コードが存在し、これまで機
能してきましたが、今、そのコードを再度設定する必要があります。

それぞれの国で、その作業を行う必要があります。

新しく種を撒くような作業で、興味がある人は始めてください。

まず自分自身を新しくして、新しい行動を始めてください。

大切なのは、やりたいと感じたことを行動に移すことです。

行きたいと思った場所に行って、シンボルを設定する、クリスタルを埋
める、などコードを変えることをやってみてください。

つまり、新しい道を作るということです。
責任が重すぎる仕事だと思うかもしれませんが、魂とつながることを毎
日、意識的に行っていけば導かれるはずです。

日本を愛しているはずです。
自分を犠牲にしてでも日本を変えたいと思っている人もいるはずです。

もう立ち上がって、自分の力で日本を再生することを決めてください。
その再生の過程に参加してください。

この震災は多くの人の心を開きました。
ここまで多くのボランティアが行われたのは初めてです。

でも、悲劇が起きないと心が開けないのでしょうか?

そうではないはずです。

これは自然に人が持っている気持ちだからです。

今、日本には世界から多くの思いやりのエネルギーが集まっています。
これから日本に生まれる子供達はその思いやりのエネルギーを持った子供
達になります。

震災で亡くなった方々を尊重しましょう。
彼らは日本を変えるシフトを作り出しました。

彼らの死はあなたにとってどのような意味を持ちますか?
この破壊はあなたにとってどのような意味をもちますか?
彼らの残したメッセージについて考えてください。

あなたが変われば日本も変わります。

地球の意識とは地球に住む人の意識を反映させるものです。
地球と日本がつながっていることを認識すればあなたが地震に

対する考えを変えることで、それを変えることが出来ることがわ

かるはずです。

不安定なプレートもあなたの意識によって変えることが出来るのです。
あなたがたはそれだけパワフルな存在です。

ですから震災について悲しむことに時間を費やすことやめて、この震災に
よって起こすべき変化について考えることに時間を使いましょう。

全ては自分の心で始まり、自分の心で終わります。
自分から始めてください。


Q.魂のエネルギーを家具や周囲のものに設定するという話でしたが
  家で家族みんながそれをした

場合、重複してしまいますが問題ないのでしょうか?

A.魂とは

全てつながっているものです。魂とは一つのみが独立して存在しているの
ではありません。
 全てつながっているのですから、魂同士が葛藤することはありません。


Q.再コード化をするために

様々な土地にクリスタルを埋める、という話がありましたが、もし間違っ
た方法でクリスタルを設定したり埋めたりすることがあったらどうなりま
すか?

まずクリスタルを埋める前に魂から最善のエネルギーを設定する意図を
します。
魂とつながり、高い波動、愛を求めさえすれば間違いはありません。
ただ、クリスタルを設定してから埋める場合、設定する自分の状態には
気を付ける必要はあります。
クリスタルは入れたものを増幅するので不要なものを入れてしまえば
それが拡大してしまいます。
特に震災があった場所に再コード化が必要です。


Q.放射能汚染地区で殺されていく家畜にはどのような役割があるのでし
ょうか?

自分自身が動物に対してどのような存在であるか、問いかけてください。
動物は地球のエネルギーを保つ存在です。

動物がいなければ人間の寿命は35歳くらいになります。

今は動物との関係性を見直す時期です。

美しい存在が殺されてしまうのは大きな悲劇です。
本当にそうする必要があるのでしょうか?
他の方法を考えた後の判断ではないはずです。
古いパターンの経済観念に基づいた決断です。

ですから、常に「これからは」どうするのかを考えてください。
新しい方法で物事を決めて行く必要があります。
震災後の決断も多くが古いパターンのまま決められています。

だからこそ、大きな決断をする人々に光を送る必要があるのです。
それによって高い資質をもった決断をするようになるでしょう。

私のハートにつながってください。
私は意識を持った存在です。

あなた方と同じ、波動を持った音があります。
この波動とつながってください。

私を感じてください。
私を聞いてください。

友達としてコミュニケーションをとりましょう。

古い時代、人類はそうしていました。

皆さんもそれを始めてください。

私とつながるための時間を取っている人はどれくらいいるでしょうか?
つながって話をしましょう。
私もあなたと同じ生きている存在です。

あなたが私とつながるなら、私の持つ平和の波動を伝えます。
そして私たちは友達になります。

私の心は開かれています。
あなたは私を受け入れてくれますか?

考えてみてください。

私はガイアです。

地震については陰謀説を含め様々な情報が出ています。
自分自身の洞察力を持って、自分の心でどの情報を受け入れるのか決め
てください。

【2014/02/27 21:09】 | アセンション
トラックバック(0) |
3次元世界の物質とは凝縮した光です。
私たちのこの宇宙が体験している凝縮のプロセスは、
もっとも純粋な光から極限まで分離しようとしています。
極点に達したときにシフトがおきて、惑星はそのプロセスを逆転し始め、
私たちがいう(帰途の旅)が始まります。

つまり、ワンネスに戻るのです。
惑星がアセンション(次元上昇)するたびに
波動レベルの密度がより薄く、軽くなります。
地球から根源にいたるイニシエーションは352あり、
そのそれぞれに7つのレベルをもつ7つの次元があります。
( 物理、アストラル、メンタル、ブッディー、アートマー、モナド、ロ
ゴス。)

神の1日は呼気と吸気でたとえられ、呼気1回に43億000万年を要し
ます。
私たちが吸気を終了するまでにまだ12億年分残っているそうです。
そのあとに新しいサイクルがふたたび始まります。

その中で、呼気と吸気の中間点にあたる時期は西暦2012年であるとい
われています。
この年は自分の神聖さに目覚める計り知れないほどの変化の時期となるで
しょう。
吸気の時間は呼気よりずっと早く進行します。
波動周波数の変化によって私たちが体験する時間にも影響を与えます。

ですから、私たちが順調に中間時点を通過したとしても、時間の経過が振
動率の増加に従い速度を上げるので、12億は43億の半分にはならない。

現在私たちが体験している1日24時間は、過去と比較すると16時間分
しかないと言われています。

私たちの惑星は現在アストラル次元の最上のレベルで振動しています。

惑星がシフトしてアセンションしていくと、
低い次元は高い次元に格上げされて消滅していきます。
5次元以下は「創造の低レベル」とみなされています。
5次元から9次元の間は創造の中間レベルにあたります。
第6次元はキリスト意識、または仏性の世界。
個人のためではなく全体のために責任を取る意識が生まれ
ここで、モナドが定着します。
イエスがキリストとなったときに到達したのがこのレベルです。
6次元はあらゆる創造物のDNAパターンのテンプレート(型)をもつといわ
れます。
色と音によって構成され、あらゆる光言語を所有します。
意識が思考を生み、人が睡眠中に働いたり学習する場所でもあります。この
次元の存在は純粋なエネルギーで、5次元で必要とされれば、自らの選択に
よって肉体を創造することができます。

5次元は{私}という意識を体験する次元であり、直線的時間に縛られませ
ん。
この次元の存在は自らの選択により肉体をもつ場合があります。
5次元は光の次元で、全員がマスターとして多次元の意識をもち、スピリッ
トに完全に貢献し、聖なる意思に奉仕します。
5次元は私たちの物質エネルギー体である肉体が次にまとう「光の衣服」です。
それは肉体のプロセスを支配する神の「似姿」を再現する密度の薄い体です。

そこで3次元における人類は「イメージと似姿」の世界における教育を終え
て変容します。
第4次元は超意識の世界で、個性やエゴのアイデンティティを失うことなく
集合意識の再統合が行われる場所です。
多次元リアリティにかかわる能力をもたらし、
肉体を必要とする最後の次元。
4次元は感情を基礎とするアストラル界として知られています。

惑星と人類が進化した結果、私たちは4次元のエネルギーのなかに入って
おり、すでに多くの人々が3次元の意識を超えているといわれています。

第3次元は物質を基礎としており、体積や自我意識の世界です。
この次元の波動は分離という幻想を生み出すので、個々の目覚めにとって
チャレンジとなります。
私たちがスピリチュアルになろうとしている人間というよりも、人間にな
ろうとしているスピリットであることを認識する機会を人類に提供してい
ます。
第2次元は植物や動物の王国です。
惑星の波動の変化によりこの次元の周波数もさらに洗練され、
3次元へ移行しつつあります。
2次元には自己意識やエゴは通常存在しません。
ある意味で直線の意識と言えます。
第1次元は鉱物や水、基礎遺伝子コードを構成する原子や分子の世界で、
点、または単一意識になります。
霊的な進化は
波動周波数と分子構造に反映されます。
分子の密度に関して、
「光が拡大するにつれて、原子構造内の電子、中性子、陽子の空間は大き
くなる」
といわれます。
この光は、人間が生まれながら持つ神の本質、または純粋なエネルギーの
源を意味します。
この光、または意識は大きくなるにつれ原子のなかの空間をどんどん満た
し、各原子内の周波数あるいは振動率を変化させます。

また意識が拡大すると細胞内の光の比率が上昇し、人間は多次元体になり、

その結果、他の次元の世界に移行することが可能になります。

要は、ただ意識の観点をシフトしたり、チャンネルを切り替えるだけでい
いのです。

私たちはさらに光に向かって進化しているのでDNAはその変化に順応で
きるように修正され、12本の鎖が形成されるプロセスの過程にあるそう
です。

現在の高次元エネルギーの流入はこれからの40年間における進化をより
はやめ、過去30億年分の進化を遂げさせるでしょう。


人生は調和し、喜びにあふれ、共時性や恩恵、奇跡で満ち溢れるでしょう。

これは地球全体の進化なので、この変化のプロセスを避けることはできま
せん。

私たちも一緒に変化していきます。

変化を望まない人は、現状維持???それも一つの道です。
そういう人が多いように見受けられます。自由ですからいいか・・・

【2014/02/27 20:52】 | アセンション
トラックバック(0) |
まだ色々とありますけれどお役に立っているのでしょうか?
このブログは使命?で書いています。
あなたが一番関心を持たれていることは
何でしょうか、自分がワンダラーまたはスターシード
なのかということでしょうか。
 その答えはあなたの中にあります。

【2014/02/25 22:28】 | 未分類
トラックバック(0) |


月の子
おはようございます。
毎日読ませていただいてます。
『のうぼう あきやしゃ ぎやらばや おんありきゃまり ぼりそわか』 って一生懸命唱えてる人間もここにおりますので、これからも、いろいろ教えてください。励みになります(*^_^*)



コメントありがとうございます
photn
月の子さま
コメントありがとうございます。
継続してゆくパワーを頂いたようです。
photn

Re: タイトルなし
photn
コメントありがとう。
七海さん。


コメントを閉じる▲

皆さんの肉体脳の周りに、そしてそれを超えて存在する多次元マインド
を思い描いてください。
皆さんの多次元マインドは、次元上昇した時に起動されています。ただ、
それがまだ肉体脳に繋がっていません。そのために多次元知覚に完全に
統合できていません。
三次元の二重性という習慣のせいで、皆さんは真なる多次元自己から切
り離されています。
5人のドラコニアン、一人一人が自分の多次元マインドと繋がると、彼
らの周りに光が現れた。
ライトボディの開始だ。そして僕は言った。

・あなたの形を包んでいる光の高次の振動を感じるのです・・・

・いま、光の渦に注意を向けてください。それがあなたの多次元マイン
ドです・・・

・光の渦が降りてきて、あなたの肉体脳に繋がるのを感じてください・
・・

・この巨大なエネルギーフィールドがあなたの脳の中心へと入ってゆく
のを感じてください・・・

・あなたの多次元マインドが、脳のシナプス結合と相互作用を起こし、
いくつもの閃光が生じています。それを見てください・・・

・目を閉じたまま、第三の目から外を見てください・・・

・物理界を超越して広がっている高次振動の現実を見てください・・・

・あなたの多次元の透視力を、肉体の視力に繋いでください・・・

・目を開けて物理界を見てください・・・

・目を閉じて、透視力を使って見てください・・・

・全ての生命があなたに話しかけています。その高次の音に耳を傾けて・・・

・あなたの多次元の透聴力を肉体の聴力に繋いでください・・・

・静寂と心を通わせ、一つであるものの声を聞いてください・・・

・あなたの多次元自己の声を聞いてください・・・

・何と言っていますか・・・?

・あなたの周りに物理的に存在するものの匂いを嗅いでください・・・

・あなたの超感覚を肉体の嗅覚に繋いでください・・・


・その香りであなたのマインドを満たして、多次元記憶に点火してくだ
さい・・・

・透視力と透聴力を使って、その多次元記憶の高次振動を見て、聞いてく
ださい・・・

・多次元マインドによってこれらの記憶を肉体脳と結びつけてください。

あなたが決して一人ではないことを思い出すために・・・

・あなたの肉体に触れてください・・・

・その形の密度がもつ抵抗力を感じてください・・・

・あなたの念動力を肉体の触覚と繋いでください・・・

・透視力を使って、あなたのライトボディが肉体を超えて広がってゆくの
を見てください・・・

・手を平らにして、あなたのライトボディに優しく触れてください・・・

・抵抗力も密度もないということを感じてください・・・

・愛にあふれたことを考えてもう一度ライトボディに触れてください。

どれくらい広がっていますか・・・

・恐ろしいことを考えてライトボディに触れてください。どれくらい小さ
くなりましたか・・・

・念動力を使って、あなたの身体は広がっていると考えてください。

その思考を愛で満たしてください・・・

・念動力を使ってもう一度あなたのライトボディに触れてください。

あなたは思考と感情によって自分の現実を想像しているのだということ
を理解するために。

・あなたの透視力を使って、物理界を超越して共鳴している高次元界を見
てください・・・

・透聴力を使って、全ての生命があなたと心を通わしている様子を聞い
てください・・・

・至福と愛の香りを匂ってください・・・

・マインドを使ってこの世界に触れてください・・・ 

・絶えず、あなたの脳を多次元マインドの拡大した知覚へ修正し続けて
ください。そうすれば・・・

・肉体の目を開いて、視界をちらちらと煌めきながら通り過ぎる高次現実
のかけらを見つけてください・・・

・あなたに話しかけてくる高次振動のメッセージに耳を傾け、よく聞いて
ください・・・

・高次元の香りが、柔らかなそよ風のように皆さんの意識の中を通り抜け
ていきます・・・その香りを吸い込んでください・・・

・その世界に優しく触れ、人生の高次共鳴の感触を確かめてください・・・

・一番大切なのは、あなた自身を無条件に愛すること。そうすれば・・・

・修正してゆくのを忘れた時も、自分を無条件に許すことができます・・・

・変成の過程で焦る時があっても、自分を無条件に受け入れることが

できます・・・

五次元の意識状態で居続けるためには自己に対する一切の判断を手放さ
なければなりません。

そうすることで他者に判断を下すことがなくなります。いかなる判断も
、皆さんの意識を落とし、皆さんは多次元マインドから切り離されてし
まいます。ですから自己を許した状態に生きること、そうすれば全ての

生命を許容することができるのです。

このように生きれば、失敗への恐れが脳を侵して皆さんの意識が低くな
ることもありません。みなさんは自分の意識の共鳴に合う振動の現実に結
びつけられます。

この現実は皆さんの知覚に基づいています。隣にいる人が物理界のみを経
験している間にも、皆さんは五次元の現実を完全に経験することができま
す。

初めはお互いを感じていますが、自分の知覚から私達の選択肢を選びます。
すると互いの知覚領域を抜け出るのです。

皆さんの意識状態が無条件の愛、喜び、至福、統合、創造性に基づく選択
をするのです。一方、
三次元や四次元低域に共鳴する意識の人は分離、制限、警戒、条件付きの
愛、恐怖を基に選択するのです。

そんな人でも、もし(自分を)条件付きで愛するのではなく、無条件に(
自分を)愛するように変われたら、彼らの意識は大きく広がり、高次知覚
が活性化してゆきます。
この高次の知覚が得られると、彼らは高次に共鳴する人生を知覚し、創造
します。
しかしまずは、この高次の世界に自分は相応しいのだと信じていなければ
なりません。
なぜなら:
あなたの信念によって意識の状態が決まります
あなたの意識によってあなたの知覚が決まります
あなたが知覚しようと選択するものが、人生創造そのものの選択となります

もし皆さんが恐怖を生じさせるものを知覚する選択すれば、思考と感情が混
じり合って恐怖に基づいた低次元現実を作り出します。

愛を生みだすものを知覚する選択をすれば、思考と感情は愛に基づいた現実
を作り出します。
なぜなら:
全世界は幻想ですが、あなたの意識は幻想ではないから。

【2014/02/25 22:24】 | アセンション
トラックバック(0) |
意識レベルを向上させましょう

効果的な意識レベルの向上ための方法をご紹介します。

1.「能望を繰り返し唱える。」
 
  虚空蔵菩薩 
   『のうぼう あきやしゃ ぎやらばや おんありきゃまり ぼりそわか』 

   以上です。


「能望」を一息で、15回、20 回と唱えます。はじめのうちは一息で3、
4回が限界ですが、慣れるとできるようになります。

どうして、それだけで意識レベルが上がるのか、その理由ですが、ポイント
は松果体の振動にあるようです。能望を唱えていると、頭の中で「ブーン」
といった一定の音が響きます。このうなりの様な音が松果体を振動させてい
るようです。

この方法は過去から究極の奥義で、現在最も簡単かつ有効である能力開発法です。

【2014/02/23 13:42】 | 意識レベルの向上
トラックバック(0) |
光のオーブ(玉)の中でアルクトゥルス人、マイトリアン、マイトル、マイトリア、ジェイソンと私の共有意識が生まれ、無条件の愛と溢れかえる
喜びの感覚ではちきれそうになった。
私とジェイソンは物理的な生活を送るうちに恐れ・喧騒・問題・ストレスが当たり前になっていたから、無条件の愛や喜びに「耐えられなく」なっているってことが信じられない。

幸い、オーブの中の愛や喜びが私のマインドのそんなメッセージをすぐにかき消してくれた。ちょうどその時、何かが私達に話しかけてきた。
ジェイソンが何を考えているかわかっていたし、彼も私が何を考えているかわかっていたはず。
実際、このオーブの中では全員の思考が一斉に聞こえていた。アルクトゥルス人の考えていることも聞こえた。さらに不思議なことに、すべて理解もできた。
どうしてそんなにたくさんの思考を受け取りながら同時に理解もできるのかな。そう不思議に思っていると、マイトリアンが私/私達(私達はひとつになっていたから)にこう言うのが聞こえた。
「あなたはいま、多次元マインドに繋がっています。親愛なるジェイソンとサンディ、あなた達は人間の代表として私達のグループに加わるのです。
私達グループはガイアの核に戻り、地球のコーナーストーンとクリスタルを変換し、元の多次元質に戻すのです。」

ジェイソンと私は偉大なる名誉を受けて息を飲んだ。山ほど質問したかったけれど、先にマイトリアンは続けた。
「あなた達を包んでいる光の高次周波数を感じてください。では光のヴォルテックスに焦点を合わせて。それがあなた達の多次元マインドです。頭頂のクラウンチャクラの真上にヴォルテックスがあるのがわかりますか?」

ジェイソンと私はハイ、と頷き、マイトリアンが続けた。「そこが松果体への入り口であることはご存知ですね。
この松果体が、多次元マインドと脳の間のヴォルテックスを開いたり閉じたりします。ヴォルテックスはいま開いていますから、多次元マインドの巨大なエネルギーフィールドが脳の中に入るのを感じてください。」

ジェイソンと私は互いにつかまり、支え合うために腕をしっかり組んだ。
二人とも意識を保つのが大変で、このもの凄い状況から抜け落ちてしまわないか心配になった。幸い、アルクトゥルス人がサポートのために私達の後ろにいて、私達の頭頂に触れた。どんどんたまっていた吐き気と目眩が一瞬にして消えた。

「多次元マインドが脳のシナプス結合と繋がって光りますので観察していてください。」
私達が安定を取り戻したのを見てマイトリアンが言った。けれど、アルクトゥルス人がいなければ私達は崩れてたことだろう。
自分の脳のシナプスのエネルギーが見えて、そのビジョンにすっかり圧倒されてしまったから。
徐々にそのビジョンに慣れてきたら、マイトリアンが続けて言った。「目を閉じて、第三の目を通して見てください。脳の中、『霧』の層の向こうに高
次周波数の現実が現れますからそれを見るのです。
私達は中を見ました。このホロスィート内の霧は地球の3Dホログラムで生きてきた人間の脳内の霧を表しているのです。

私達はそのメッセージの意味がはっきり理解できた。そして内なる霧を晴らすため、もっと互いに捕まりあった。その瞬間、「自分自身に無条件の愛を送ってみなさい」という声を二人とも聞いた。
どこからやって来たアドバイスかはわからないけど素晴らしい提案だと思い、やってみた。
そう、『やってみた』だけ。だって、自分を無条件に愛そうなんて考えたことなかったから…少なくとも肉体を身につけてた時は。

私達の背後からアルクトゥルス人がサポートしてくれて、とっても素晴らしい感覚、平穏、静けさ、完全な幸福感と絶対的な自分への信頼がゆっくりと溢れていった。涙があふれ、私達の脳の中の霧が晴れていき、壮大な幸福感
と感謝で私達はいっぱいになった。
tajigennou.png

では、」 マイトリアンは続けた。「多次元マインドの視覚領域を、脳の後頭葉と繋いでください。すると多次元の透視能力があなた達の視力と融合されます。」
すると私達の脳のビジョンが見えたので、自分の脳のどの領域に焦点をあてればいいかとてもよくわかった。
この自分の脳の図は、マインドの中に映されていたみたい。
「ええ、」 マイトリアンが答えた。「あなた達の多次元マインドは、内側からビジョンを映すことができるのです。
こうやって精神的なイメージを映しだすことで、あなた達が知覚したい現実を創造する生来の能力を発揮できるのです。」

ジェイソンと私は言われたことを認識しようとしたけれど、とても理解できなかった。私達の頭上にあるエネルギーフィールドは私達の多次元マインドとなってゆき、その中で認識しようとした。アルクトゥルスじんのエネルギーフィールドが私達の頭頂部を流れてゆくと、いま3D脳と同調しようとしている私達の多次元マインドの感覚がクリアになった。

「上出来です、」 マイトリアンが私達の思考に答えた。「では多次元マインドの透聴能力を側頭葉に繋いでください。側頭葉は聴覚を司っている領域です。」
今回は、私達は後に一歩移ってアルクトゥルス人のエネルギーフィールドの中に入り、溢れんばかりの高次の光を受け取る態勢を整えた。
愛にあふれたサポートを感じ、私達は深く息を吐きながら自分の多次元マインドが脳の中の聴覚中枢とどんどん繋がっていくのを感じていた。

「多次元の透聴能力が脳の聴覚と繋がると、あなた達と話したがっているすべての生命体の声が聞こえてくることでしょう。あなた達とハイヤーセルフの絆も強く結ぶことができるようになります。」

マイトリアンの言う通りだった。たくさんの声やメッセージ、トーンが至るところから発しているのが聞こえてきた。
「ひとつなるもの、多次元なる自分自身の声が聞こえるよう、沈黙の中に入ってください。」
その「沈黙」が何なのかははっきりわからなかったけれど、私達はかつて経験したことのない内なる静けさを感じていた。
この静けさはどんどん深くなり、私達の身体を越えて周り一帯から聞こえ始めた。ゆっくりとフィードバック・ループが形成され、私達の身体の内なる静けさが外へと反射していった。同時に、それは私達の意識の中へと戻ってくるのだった。
この静けさを、どれくらい楽しんでいただろう。マイトリアンが言った。
「たいへん結構です。では多次元マインドを頭頂葉に繋いでください。これが繋がると、高次周波数の現実をもっとよく理解できるようになります。
その現実を肉体知覚で経験しながらね。

多次元マインドを後頭部、側頭部、頭頂部と統合させると光の言語を三次元コミュニケーションに翻訳・理解・統合しやすくなります。そうすれば、高次元表現である私達とも常に繋がっていられます。」

二人ともマイトリアンの最後の言葉についてたくさん質問したかったけれど、多次元マインドの温かい輝きを頭頂部に迎え入れているとマイトリアンがこう言うのが聞こえてきた。

「では、多次元マインドの光が脳の感覚皮質に統合してゆくのでただ受け入れていてください。統合を受け入れると、あなた達の知覚が拡大して超感覚が3D脳と同調してゆきます。」

突然、臭覚や皮膚を通して色んなものが見えたり聞こえたりし始めた。ガイアの動物たちはこんな感覚なんだろうかって思ったけれど、そんなことを尋ねようとした時、多次元マインドが運動皮質に同調してゆくのがわかった。

私達は静けさのなかで静止したまま立っていたけれど、あらゆる運動性が頭に浮かんできた。たとえば、歩くのではなく流れて動くような感じ。

この新しい動き方で遊びたかったけれど、多次元マインドはすぐに前頭葉と融合し始めた。

多次元マインドが私達を動物界の生き物と分化させる脳に統合してゆくにつれ、私達の人生はもう永遠に変わるのだと思った。
もう二度と同じ考え方はできないだろうし、振舞いもできないのだろう。

個人としての自分のニーズよりも多次元の自分のニーズの方が優位になってゆくのがわかった。

私達の選択や行動は、単なる人間の現実からの視点ではなく多次元マインドから得られる情報に基づいて行われるだろう。私達はもう二度と自分に対する疑念は持たないだろう。

だって、私達はいま、ひとつなるものと融合するのだから。

気づかないうちに、ジェイソンと私は霧の中を漂っていた。霧がクリアに晴れてゆき、その霧を通して私達はそれは素晴らしい風景を見、聞き、匂い、感じとった。残念なことに手を伸ばして触れたところで私達は3D地球の小さな家の寝室で目覚めた。

「あの、見えていた風景は何だったの? 」 二人は同時に言った。

その質問を考える間もなく、私達の多次元マインドがもっと同調を続けるように要求してきた。触感を多次元テレキネシスと繋げ、整列させると。「手で、自分の腕に触れてください。」
 共有多次元マインドが指示した。「地球の器の濃度、その抵抗力を感じてください。では、テレキネシスとその触感を繋いでください。マインドでその腕に触れるのです。」

私達の意識の中で同じコミュニケーションを二人とも聞いているとは気づかず、私達は内なる指示にしたがってマインドを使って自分の腕に触れた。「では、」 多次元マインドが続けた。「透視能力を使って、あなたのライトボディが肉体を越えて広がってゆくのを見てください。」

二人ともビックリ、そしてワクワクした。自分のライトボディが見える!

「手の平を広げ、ライトボディに優しく触れてください。」 多次元マインドが続けた。「抵抗力も密度もまったくないのを感じて。では、愛にあふれることを考えてもう一度ライトボディに触れてください。広がってゆくのを感じて。」
素晴らしいエネルギーの中にいるから、愛にあふれることを考えるのはとっても簡単だった。ただ、腕が短すぎて自分の光のすべてに触れることはできない。
そこでマインドを使ってライトボディに触れると、さらにライトボディは大きくなった。するとマインドが言った。「恐れの思考をもってライトボディに触れてください。小さくなってゆくのを感じて。」

あっという間にライトボディが小さくなった。すぐに愛の思考と入れ替え、ライトボディがまた大きくなって輝きを取り戻す様子を見た。

「良い思考ですね、」 多次元マインドがからかう。ユーモアのセンスがあるのかな? 「ええ、」 マインドが答えたから、私達は笑ってしまった。「では、」 マインドが続けた。
「テレキネシスの能力を使って、あなた達の肉体がライトボディに変わってゆくと考えてください。必ずその思考を無条件の愛で満たしてくださいね。」

「テレキネシスで、ハートかハート/マインドの両方を使ってライトボディに触れてください。」
 ハート/マインドって何だろう、と二人で思ったらこう聞こえてきた。「あなた達は知覚を思考・感情に同調させているのです。それがハート/マインドを使うということです。」 

まだ尋ねていないのに答えてくれた。まぁ、内で尋ねたから内で答えが返ってきたのね。私達、本当に変わっちゃったんだわ。「すごいね!」 二人で笑いあった。

「透視能力を使って、」 多次元マインドは続けた。「あなた達の周りで共鳴している高次元界を見てください。透聴能力で、その現実がどのようにあなた達に話しかけてくるか聞いてください。超感覚で至福と愛の香りを匂ってください。テレキネシスを使い、多次元マインドでその世界に触れてください。」

その瞬間、ジェイソンと私は指がコンセントの差し込み口に入ったような感覚を覚え、クンダリーニが背骨を上下に走りだした。肉体から抜け出しそうになった時、内なるマインドがしっかり統制を得てこう言った。

「身体の眼を開けて、あなた達のビジョンの中で揺らめいては過ぎ去る高次現実をとらえてください。

耳を傾け、あなた達に絶え間なく話しかけてくる高次周波数のメッセージに焦点を向けてください。
柔らかいそよ風のようにあなた達の気づきの中を高次元の香りが流れていくのを匂ってください。
多次元マインドを使ってその世界に優しく触れ、生命の高次共鳴を感じてください。」
「一番大事なことですが、自分自身を無条件に愛するのです。そうすれば、同調するのを忘れても自分を無条件に許すことができます。そして自分は移行時期にあり、我慢できなくなったり恐れを抱いたりしても無条件に受け入れることができるのです。」
「多次元の意識状態を維持するため、自分自身に対して判断をくだす行為をいっさい手放してください。
そうすれば他人を裁くこともありません。
いかなる形であろうと、判断をくだすと意識状態は落ち、あなた達は多次元マインドである私からも切断されます。」

ジェイソンと私は畏怖の念を抱きながらお互いを見た。
二人で自分に対する判断をすべて解放しようとしたら、ドアを大きくノックする音が聞こえた。
私達の家のドアがノックされたことなんて一度もないのに。

「誰だろう? 」 二人で怒りながら言った。
私達の意識はあっという間に落ち、私達はベッドにいる二人のとても物理的な、裸の人間に戻っていた。

「制服、持って帰れなかったわね。」 私は服を着ようと素早くベッドから飛びだして言った。
「三次元、ただいま。だね。」ジェイソンが半ば笑みを浮かべて言った。

【2014/02/23 12:23】 | 多次元マインド
トラックバック(0) |
アセンションpro DHEA 25mg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。